sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」の脅威と対策~被害と防除の最前線~、7月31日(水)に、講演会や現地見学会が行われます。

クビアカツヤカミキリは2012年に愛知県で発見され、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、大阪府、徳島県でも確認され、大阪府でも、大阪狭山市、堺市、富田林市、羽曳野市、河内長野市、河南町、及び大阪市内での公園などでも、確認されています。 2018年1月に「特定外来生物」に指定されたクビアカツヤカミキリ。今その被害が全国各地で、そして大阪府でも拡大しています。バラ科のサクラ、ウメ、モモ、カキなどの樹木の被…続きを読む

ホタルの季節になってきました。マナーを守って、楽しく観察しましょう!

このところ、箕面では、まとまった雨がなく、山は乾燥しており、5月25日には山火事が発生しました。山麓部の谷山谷の渓流には水が流れておらず、砂防ダムは干上がっていました。※6月5日に撮影 乾燥が続いていましたが、7日(金)、低気圧や前線に伴う雨雲が発生し、箕面でもまとまった雨が降っています。 自然や生き物にとっては、恵みの雨ともいえるでしょう。 一方、近畿地方南部では激しい雨が降る恐れがあり、河川の…続きを読む

カテゴリ:生き物の多様性保全,みのお ほたる情報

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年06月07日

ササユリなど、明治の森箕面国定公園の環境省指定植物や希少種の保護にご協力をお願いします!

昭和44年に、箕面市の花として制定されたササユリ。昔は、箕面の山では普通に見られたそうですが、今は、ほとんど姿を消しています。昭和40年代くらいまで、薪炭林や下草の利用などで人の手が加わり、多様な生態系が保たれていた里山では、ササユリは普通に見られた植物でした。 里山の環境変化により個体数が減っているササユリに、人による球根の盗掘や地上部の採取などの負荷がかかっており、啓発や監視活動の強化が必要で…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年06月05日

5月度の有害鳥獣の駆除のお知らせ

大阪府猟友会箕面支部が下記の地区で有害鳥獣の駆除を予定しています。 ハイキング道から外れないように注意してください。 いずれも午前8時から午後5時まで。(雨天の場合は中止) 1) 止々呂美・森町地区 令和元年5月5日(日)、12日(日)、19日(日) 2)白島・外院・粟生外院地区 令和元年5月15日(水)、26日(日) 3)クリーンセンター周辺・粟生間谷(奥) 令和元年5月22日(水)、29日(水…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年04月24日

箕面ビジターセンターのカタクリが満開です。山野草園の一面に咲き誇っています。

4月5日(金)箕面ビジターセンターの最高気温は14℃、最低気温は4℃。箕面ビジターセンター前の山野草園では、カタクリが一面に広がり、見ごろとなっています。 カタクリ カタクリは、今が見ごろですが、蕾もたくさん見られますので、来週いっぱいは楽しめると思います。   バイモ トキワイカリソウの白花と赤花 箕面ビジターセンター入口前のキブシが見ごろです。 大日駐車場北斜面ではエドヒガンの群落が…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年04月05日

勝尾寺園地の防鹿ネット、3月28日に行政職員や市民団体12名が参加して、第4回目の復旧活動を行い、昨年の台風21号により壊滅した全てのネットの修復を完了しました。

3月28日(木)、清水谷をまもる会7名、林野庁京都大阪森林管理事務所職員2名、林野庁箕面森林ふれあい推進センター職員2名、NPO山麓委員会事務局1名の計12名が参加しました。 第1回(12/13)、第2回(1/17)、第3回(2/7)は、清水谷に設置したネットの復旧でしたが、今回は勝尾寺園地の防鹿ネットの復旧です。 このネットは、セリバオウレンの保護を目的としたネットですが、周辺のドイツトウヒの大…続きを読む

カテゴリ:生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会,箕面の山 災害復興情報

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年03月28日

4月度の有害鳥獣の駆除のお知らせ

大阪府猟友会箕面支部が下記の地区で有害鳥獣の駆除を予定しています。 ハイキング道から外れないように注意してください。 いずれも午前8時から午後5時まで。(雨天の場合は中止) 1)止々呂美・森町地区 平成31年4月7日(日)、14日(日)、21日(日) 2)白島・外院・粟生外院地区 平成31年4月10日(水)、24日(水) 3)クリーンセンター周辺・粟生間谷(奥) 平成31年4月17日(水)、29日…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年03月25日

春本番が近づき、箕面ビジターセンターの山野草園では、カタクリが咲き出しました。ミスミソウやキクザキイチゲ、ミツマタ、川沿いでは、トサミズキ、ヒュウガミズキが見ごろです

箕面ビジターセンター山野草園のカタクリ、たくさんの蕾をつけていますが、咲き出しました。今週末ごろには、一面のカタクリが見ごろになるでしょう。 山野草園で咲いているのは、ミスミソウ、キクザキイチゲ(淡紫と白花)、ヤマルリソウ(淡青紫)が咲き出しました。ミツマタ(黄色)も見ごろです。 ミスミソウ キクザキイチゲ ヤマルリソウ 政の茶屋園地の川沿いでは、アセビの白い可憐な花が満開です。 黄色い花のトサミ…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:

投稿者:yamanami

投稿日:2019年03月24日

森林総合研究所関西支所「研究情報」に「クビアカツヤカミキリによるバラ科樹木の被害」の記事が掲載されました。大阪南東部中心に被害が拡大しているようです。

大阪府では、2015年に大阪狭山市でクビアカツヤカミキリが確認され、現在は大阪市、堺市、羽曳野市など、被害は7市町村に拡大しています。 ソメイヨシノを中心としたサクラの他、ウメやモモの被害が多いようですが、徳島県ではモモ・スモモなど国内最大の農業被害が出ているようで注意が必要です。 成虫の発生時期は、6月中旬から7月下旬頃までが多いようです。また、日本ではほとんどが2年1化(幼虫期間が二年目で羽化…続きを読む

カテゴリ:事務局だより,生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年03月08日

台風21号により壊滅した清水谷の防鹿ネット、2月7日に行政職員や市民団体23名が参加して、第3回目の復旧活動を行いました。

2月7日(木)、清水谷をまもる会7名、箕面観光ボランティアガイド9名、林野庁京都大阪森林管理事務所職員3名、林野庁箕面森林ふれあい推進センター職員3名、NPO山麓委員会事務局1名の計23名で、清水谷の防鹿ネットの復旧活動を行いました。 前々回(12/13)はCネットの復旧、前回(1/17)は、Aネット(清水台入口)及びBネット(Cネットの山沿い)下流側の復旧でしたが、今回(2/7)は、Bネットの上…続きを読む