sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

6月27日(土)箕面ビジターセンターで「森の癒しウォーク」を行いました。次回は7月18日(土)です。お申込みはお早めにお願いします。

6月27日(土)、通常は大人のお客様に限定していますが、お子様2名様を含めたご家族から「森の癒しウォーク」の申込があり、特別バージョンとして、5人のご参加で開催しました。 受付では、参加者には体温測定、アルコールジェルでの手指消毒を行っていただきました。 また、お世話をさせていただくセラピーアシスターはマスクの代わりにフェイスシールドを着用する旨、お伝えし、ゲストのご家族には、熱中症予防のため、森…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,みのお森のセラピー

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2020年06月29日

7月度の有害鳥獣の駆除のお知らせ

大阪府猟友会箕面支部が下記の地区で有害鳥獣の駆除を予定しています。 ハイキング道から外れないように注意してください。 いずれも午前9時から午後5時まで。(雨天の場合は中止) 〇白島・外院・粟生外院地区 令和2年7月1日(水) 白島・外院・粟生外院地区 〇止々呂美・森町地区 令和2年7月5日(日)、12日(日)←中止になりました。 止々呂美・森町地区 〇クリーンセンター周辺周辺・粟生間谷(奥)地区 …続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,シカによる食害防止

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2020年06月25日

6月21日、箕面ビジターセンターにて観察会「アリジゴクの不思議発見」を開催しました。7月24日の次回観察会は、定員になりましたので、締め切りとさせていただきます。申し訳ありません

新型コロナウィルスの感染予防のため、参加人数を絞って(3家族)の事前申込とさせていただきました。 最初に検温、手洗いの後、講義室でアリジゴクについての予備知識を勉強しました。 アリジゴクとはウスバカゲロウの幼虫で、完全変態すること、蛹は繭に入っていること、卵から成虫になるまで2~3年かかること、昆虫に対する強い毒を持っていると言われているので、直接触らないようになど、成虫の標本と説明などで学び、現…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2020年06月24日

箕面の山パトロール隊が、第32回「美しの森づくり活動コンクール」で農林水産大臣賞を受賞され、箕面滝道森のふれあい広場で6月20日(土)に表彰式が行われました。山麓保全活動のさらなる発展が期待されます。

美しの森づくり活動コンクールは一般社団法人全国森林レクリエーション協会(会長:三浦雄一郎)が主催しており、第32回では箕面の山パトロール隊が栄えある農林水産大臣賞を受賞されました。 受賞は4月に決定されましたが、表彰式については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、推薦団体(近畿中国森林管理局)から伝達することとなり、6月20日(土)午前11時から、箕面の山パトロール隊の事務所のある箕面…続きを読む

カテゴリ:明治の森箕面自然休養林管理協議会,みのお山麓保全助成金 助成活動

タグ:

投稿者:yamanami

投稿日:2020年06月20日

市民の森である「こもれびの森」に植樹をしました。元気で育ってくれますように!

今年、3月にイロハモミジ53本やどんぐりのなる木を植樹しましたが、6月17日(水)午後4時ごろから、いただいた苗木を20本、NPO山麓委員会のメンバー4人で植樹をしました。 この樹木、箕面駅近くにお住いの主婦のかたが、10年位前から、種子を集めて、育ててきたものです。 樹種は多様で、クヌギ、シラカシ、アラカシ、ネムノキ、ケヤキ、イチョウ、ウバメガシ、クロガネモチなどで、シカによる食害を避けるために…続きを読む

カテゴリ:シカによる食害防止,箕面の山 災害復興情報

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2020年06月19日

毎月第1日曜はネイチャーゲームの日。6/7(日)3月から中止になっていた「しぜん大好き!楽しい森遊び!」を 久しぶりに行いました。次回は7月5日(日)です。事前の申込をお願いします。

今回から、コロナウィルス拡散防止のために密になるのを防ぐ取り組みが始まっています。 テーマは「探して遊ぼう」。参加者の距離がとれるプログラムに しました。 3家族8人の参加で、そのうち2組はリピーターです。 再会に笑顔がこぼれます。お子さんたちの成長に 驚きました。 マスクを付けて、手指のアルコール消毒、そして体温測定。 準備は完了。森に出発です。 まずは森の中に隠れている「人工の物」を探します。…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター

タグ:,

投稿者:shitanishi

投稿日:2020年06月16日

箕面ビジターセンターの工作教室、新型コロナウィルス感染予防により長く中止をしていましたが6月14日に再開しました。次回は、7月12日(日)に行います。事前の申込をお願いします。

箕面ビジターセンターの6月14日の気温は最高気温23℃、最低気温20℃。 この日は、前日から降った雨の影響で、ビジターセンターに来られるお客様も少なかったのですが、自然工作教室には、3家族計10名の方が参加され、計6個の作品を作っていただきました。 新型コロナウィルス感染予防の対策を行いながらの実施です。 最初に、非接触型の体温計で検温した後、手指の消毒やマスク着用の上、時間別に参加者を分けて、工…続きを読む

カテゴリ:イベント情報,箕面ビジターセンター

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2020年06月15日

マムシ(毒蛇)にかまれないように注意してください!

箕面ビジターセンターの近くには、マムシが生息しています。 下は、6月13日、モリアオガエルの卵塊とそれを狙うマムシの写真です。 5月ごろから10月ごろまで、主に川の近くとか、湿った草むらで見かけることがあります。 全長に対して胴が太く、短い体形で、三角形の頭が特徴です。 とぐろを巻いてじっとしていることが多いので、気づかずに踏んでしまうとかみつかれます。 マムシがいそうなところには立ち入らないよう…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,箕面ビジターセンター

タグ:

投稿者:yamanami

投稿日:2020年06月14日

雨を待ちわびていた生き物、モリアオガエルの命をつなぐ営み、そっと見守りましょう♪

雨が続くとうっとうしいですよね。 でも、雨を待ちわびていた生き物がたくさんいます。今日は、カタツムリが元気で活動していました。 箕面ビジターセンターでは、土日祝日は自然解説員が皆さまをご案内していますが、下の写真は、今日、6月13日の当番の長井正樹さんが送ってくれたモリアオガエルの卵塊とそれを狙うマムシの写真です。 箕面の森では、たくさんのモリアオガエルが生息しており、この時期に、細い枝に卵塊を生…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:yamanami

投稿日:2020年06月13日

箕面市の花であるササユリ、里山の豊かな生態系のシンボルであるササユリを次の世代に残していきましょう。

昭和44年に箕面市の花として制定された「ササユリ」、昔は、箕面の山では普通に見られた植物ですが、今は、ほとんど姿を消しています。 落ち葉による堆肥が化学肥料に変わり、薪や炭によるエネルギーが石油やガスに変わるなど、経済的な価値の低下やライフスタイルの変化により、里山に人の手が入らなるにつれて、ササユリを見ることも少なくなりました。 ササユリを次の世代に残していくために、調査や採取防止や啓発、保護・…続きを読む

カテゴリ:生き物の多様性保全,みのお山麓保全助成金 助成活動

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2020年06月10日