楽しむ 守る 活かす 育てる 学ぶ寄付のお願い

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

blog-bannar

blog-bannar

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり #箕面の森の守りびと

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

最新ブログ記事 ブログ記事一覧

2024年07月24日

8月度の有害鳥獣駆除のお知らせ

大阪府猟友会箕面支部が、下記の地区で有害鳥獣の駆除を予定しています。ハイキング道から外れた場所に入らないようにご注意ください。 実施エリアおよび日時は以下の通りです。(いずれも雨天の場合は中止) 止々呂美・森町地区(鳥獣駆除実施エリア地図) ↑↑(クリックしてください)↑↑   ○令和6年8月21日(水) 午前7時から午後5時まで ○令和6年8月25日(日) 午前8時から午後5時まで ○…続きを読む

 

2024年07月23日

箕面ビジターセンターで、「川の中の生き物観察」のイベントを開催しました。次回8月24日開催。参加申込受付中です。※8月10日は満席です。

7月21日日曜日、川の中の生き物を採集して観察するイベントを開催しました。晴天に恵まれて暑い日でしたが、川の中に入るには絶好のイベント日和となりました。参加者は大人12人子ども11人。川の流れも穏やかで水量も丁度よく、早くも川の中に入りたくてうずうずしている様子でした。 先ずは解説員の説明です。川の中にはどんな生き物がいるか、どこを探せば見つけられるか、川に入りたい気持ちを抑えてじっと耳を傾けて話…続きを読む

 

2024年07月23日

箕面ビジターセンターで、「アリジゴクの不思議発見」のイベントを開催しました。次回8月18日開催。参加申込受付中です。

7月15日月曜日の祝日、ウスバカゲロウの幼虫「アリジゴク」の観察イベントを開催しました。当日の空模様は降雨が予報されていて心配でしたが、参加者の全員が揃って予定通り実施しました。 まず、講義室でアリジゴクの蛹や成虫の標本を見ていただきながら、ウスバカゲロウとトンボとの違い、幼虫(アリジゴク)の体の作りや生態について写真やパネルで紹介しました。 観察の仕方や注意事項を説明したあと、アリジゴクの巣のあ…続きを読む

 

2024年07月19日

箕面ビジターセンターで、「森の自然工作教室」のイベントを開催しました。7月28日開催の「夏休みの自然工作教室」参加申込受付中です。

7月14日(日)、毎月第二日曜日に行っている「森の自然工作教室」を開催しました。梅雨末期の雨が心配されたのですが、日中は雨はほとんど降らず、蒸し暑い曇り空の天気でした。箕面ビジターセンターの周辺では、ハイキングなどで訪れる方も少なく、静かな1日でした。 工作教室には4組、11人の方が参加されました。初めての方、4年ぶりの方、先月に続いて来られた方と様々でした。中には箕面の森ハイキングマップの全ルー…続きを読む

 

2024年07月19日

夏休み!街なかより涼しい箕面ビジターセンターで工作などのイベントを楽しもう!

箕面ビジターセンターでは、家族で楽しめる夏休みのイベントをたくさん準備しています。事前予約制なので、お早めにお申し込みください。 ■7月28日 夏休み宿題工作教室 小さな木の実などの自然素材を使って夏休みの宿題工作を作ろう! 2024.7.28夏休み宿題工作教室(←チラシはこちら) A 12:00~13:10 B 13:20~14:30(いずれも70分) 【場 所】 箕面ビジターセンター講義室(図…続きを読む

 

トピックス

 

大阪府箕面に広がる美しい山なみ、この山なみをみんなで守り生かしていきましょう。
このページは山を保全し活用する計画や活動を皆さんと進めていく場として、NPOみのお山麓保全委員会が運営しています。