sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

大阪府では、ツキノワグマの出没について注意を呼び掛けています。

箕面の山で、ツキノワグマの活動が確認されたことが8月11日(土)読売新聞の朝刊で報道されました。 明治の森箕面自然休養林管理運営協議会では、自動撮影カメラに映った写真を報道提供しました。 大阪府では、市民に呼び掛けています。下記をクリックしてください。 ツキノワグマの出没に注意してください。

箕面の山でクマが活動していることが確認されました。北摂地方は、京都・兵庫方面からのクマの行動範囲になっています。クマに出会わないように注意しましょう!

2018年8月10日、※明治の森箕面自然休養林管理運営協議会が山中に設置している※自動撮影カメラのデータを箕面の山パトロール隊が回収したところ、クマらしい動物が写っていました。 大阪府の専門家に判定をお願いした結果、まちがいなくツキノワグマということがわかりました。 下の写真は、2018年8月6日19:30、勝尾寺の南方に設置している自動撮影カメラに撮影されたものです。 箕面の山の中でも、ツキノワ…続きを読む

特定外来生物に指定されたクビアカツヤカミキリが、大阪市内でも発見されました。バラ科のサクラ、ウメ、モモ、カキなどの樹木の被害が拡大する恐れがありますので注意してください。

クビアカツヤカミキリは2012年に愛知県で発見され、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、大阪府、徳島県でも確認され、大阪府でも、大阪狭山市、堺市、富田林市、羽曳野市、河内長野市、河南町で確認されていましたが、大阪市内での公園でも、6月に確認されました。 写真引用:大阪府立環境農林水産総合研究所 8月8日朝日新聞の夕刊に「外来カミキリ 厳戒」というタイトルで掲載されました。 また、2018年1月にクビア…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2018年08月09日

サクラなどの樹木に被害を与えるクビアカツヤカミキリが特定外来生物に指定されました。クビアカツヤカミキリの成虫や樹木からのフラス(木クズ)を発見したら、通報してください!

昨日、明治の森箕面自然休養林管理運営委員会の分科会があり、環境省近畿地方環境事務所野生生物課の職員の方から、外来種被害防止行動計画についての説明をしていただきました。 その中で、クビアカツヤカミキリが、特定外来生物に指定された事、及び大阪府南部で被害が発生しているとの報告を受けました。 クビアカツヤカミキリは、幼虫がサクラやウメ、モモ、スモモ、カキなどの樹木の中に入り込み、木の内部を食い荒らしてし…続きを読む

7月1日(日)アリジゴクの不思議発見、箕面ビジターセンターで観察会を行います。若干名の追加募集を受け付けています

箕面ビジターセンターの事務所の周りには、たくさんのアリジゴクの巣があります。アリジゴクの巣を探して、自然解説員といっしょに観察しませんか! 現在、若干名の追加募集を受け付けています。事前申し込みが必要ですので、お早めに電話やメールなどでお申込みください。参加者の人数(保護者○名、子ども○名)及び連絡先の電話番号をお知らせください。 アリジゴクの不思議発見!180701

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:,

投稿者:sanroku

投稿日:2018年06月27日

行政と市民団体が協働で、特定外来生物ウシガエルを駆除する活動を行いました。今回はアナゴカゴを使っての捕獲を試みました。

エキスポの森/花の谷には、保護すべき種として、トノサマガエル(環境省・大阪府準絶滅危惧種)やシュレーゲルアオガエル(大阪府準絶滅危惧種)の他、モリアオガエルなども生息しています。 追伸 6月4日に現地を巡回した市民の方によると、モリアオガエルの卵塊は無くなっているそうです。人による採取は、あまり考えられないのですが、ニホンザル、又はアライグマ(特定外来生物)による捕食の可能性があります。しばらく、…続きを読む

カテゴリ:生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:,

投稿者:sanroku

投稿日:2018年06月01日

ビジターセンターのモリアオガエルの卵塊(続報)

5月31日、ビジターセンターの自然解説員が確認に行ったところ、卵塊は小枝から降り取られ、西側のコンクリートの上に叩きつけたようになっており、中に卵は確認できなかったとの報告がありました。 この場所は、人が勝手に外部から入ることは出来ない場所なので、状況から見て、ニホンザルの仕業と思われるということです。 このように、モリアオガエルの卵塊がニホンザルによって、コンクリートや木道の上に叩きつけられて、…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2018年05月31日

箕面ビジターセンターにモリアオガエルが来ました。

5月30日は終日雨で、とても蒸し暑い日でした。 人間にとっては、いやかもしれませんが、こんな日を待っていた生き物もいます。 下の写真は、ビジターセンター裏庭のモリアオガエルの卵塊です。(5月30日撮影) おそらく昨日の夜から今朝に、産み付けられたと思います。 土日祝日は、ビジターセンターには自然解説員がいます。 場所は少しわかりにくいので、自然解説員に声を掛けていただけると、案内してもらえるでしょ…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2018年05月30日

6月3日箕面ビジターセンターで「アリジゴクの不思議発見」の観察会を行います。

箕面ビジターセンターの近くでは、「アリジゴク」の巣がたくさんありますが、よく見ないと分からないために、あまり知られていません。 下の写真は、5月30日のアリジゴクの巣です。 図鑑や写真で知ることも大切ですが、実際に観察してみると、又違った感激が得られます。箕面ビジターセンターでは、子どもたちが自然や身近な生き物にふれあって、たくさんの感激を育てていただけるようにと思って自然観察会を行っています。 …続きを読む

カテゴリ:イベント情報,箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:

ホタルの季節になってきました。

少し蒸し暑くなってきましたが、ホタルにとっては絶好の湿度です。 ホタルは、蒸し暑く、風のない日に活発に活動します。 今年は、少し、早い出現になるかもしれません、 ヒメボタル観察会 6月2日(土) 箕面市小野原/春日神社 ゲンジボタル観察会 6月16日(土)勝尾寺川(間谷橋付近) 箕面ホタルを守る会のチラシは下記をクリックしてください。 2018ホタルを守る会 箕面のホタルの情報 coco-hota…続きを読む

カテゴリ:生き物の多様性保全,みのお ほたる情報

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2018年05月28日