箕面ビジターセンターでは、裏庭のフクジュソウが見ごろとなっています。

フクジュソウ01

春浅く、まだまだ風は冷たく冬枯れの中、落葉した林床に日差しが入るこの時期に芽を出し、春の到来をつげる植物たち、スプリングエフェメラル(春の妖精)です。

※写真は、2月28日(日)自然解説員の中瀬重幸さんが撮りました。

セツブンソウが開花しています。

セツブンソウ01

セリバオウレンが開花しています。

セリバオウレン01

よく見るとウスギオウレンも咲いています。

ウスギオウレン01

キクザキイチゲも咲いています。

キクザキイチゲ01

ミスミソウ(雪割草)も、3月下旬ごろまで見ることができるでしょう。

ミスミソウ(雪割草)

この時期にしか見ることができない「春の妖精」をお楽しみください。

その他、アセビも咲きはじめました。ミツマタの花もふくらんできました。春の到来です。

野鳥では、シジュウカラ、エナガ、コゲラの混群、ヤマガラ、メジロ、シロハラ、カワガラスなど。

トラツグミも姿を見せてくれました。

トラツグミ01

箕面ビジターセンターで、春の到来をお楽しみください!