sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

【注意】オオサンショウウオを下流で見つけた場合は、絶対にさわらないでください!

このところの大雨・長雨の影響で、箕面川の下流でオオサンショウウオが発見される場合があります。

下流で見つけられた場合でも、絶対にさわらないでそっとしておいてください。

下流で見つけた場合は、かわいそうだと思い、上流にはなすと大変なことになります。絶対に個人の判断で行わないようにしてください。

勝手にさわったり、動かしたりすることは禁じられています。

また、顔の前に手をだすと鋭い歯でかみつかれてけがをする恐れがありますので注意をしてください。

箕面市の天然記念物課によると、箕面川のオオサンショウウオの数は約200頭だそうです。

現在のところ、箕面川では外来種及び混血は確認されていません。

ただし、淀川の下流域では、中国産が確認されており、もし、箕面川に外来種や混血が持ち込まれると、箕面川上流域の生物多様性が失われる可能性があります。

箕面川のオオサンショウウオは固有種です。混血が行われると大変なことになります。上流域の箕面川などに、持ち込まないなどの厳重な注意が必要です。

箕面川や勝尾寺川などで見つけられた場合は、そのまま静かに見守ってください。

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2020年07月18日 12時間22分59秒