sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

箕面ビジターセンターで自然観察会「木の実を見つけよう!」を開催しました

9月30日、気温24℃で少し蒸し暑さを感じる箕面川ダム周りの観察会になりました。

出発して早速、モミジの下でタネの様子やプロペラのような翼をつけてる訳を考えてみます。タネを離してみるとクルクル回って落ちていきます。続いてアオダモのタネも同じように落ちていくことで、タネの移動の仕方を知る事が出来ました。

ほどなくホソバタブの群落の中を通りマツカゼソウの中を歩くと柑橘類の匂いを感じます。黒い木の実から連想してネズミの糞に似ているのでネズミモチの名の由来を覚え葉の匂いは青リンゴの匂いがしました。

ダム堰堤に一面に咲いているアベリアを通り、次はアオツヅラフジの実を見つけ潰すとアンモナイトのようなものが出てきたのにはビックリ。今度は青黒い実をつけたヤマコウバシの葉を噛んでみると粘り気があり「トロシバ」とも言われソバのつなぎにされたりしました。木道の上では赤くなったクマノミズキの果柄や可愛い実をつけたリュウキュウマメガキ、グロテスクな形のケケンポナシの果柄など見どころ満載です。

中間点の「かおり橋」付近で水分補給しているとアオゲラの鳴き声が聞こえてきたり、綿毛のようなものが飛び回るので正体を探してみるとはボロギクやボタンヅルと確かめました。

終盤にはアカマツとクロマツが同じところに生えている疑問を考えてみます。一般にはアカマツは山側、クロマツは海辺と棲み分けされていますが、ここではダム造成の時に土に混じっていたためのようで、男松や女松の呼び方、葉の手触り、松ぼっくりの違いなどが体感できました。

鮮やかな赤の実をつけたヤブサンザシやクサギのガクの赤と藍色コントラストに目を奪われ、イヌザンショウ、クロモジ、クサギ、コクサギなどの独特の葉の匂いやヤブムラサキの手触りやドライフルーツみたいな味がするエノキ、ケケンポナシ等は皆さんの心に強く残ったようでした。

振り返りでは五感を使っての体験は気づかされることが多く自然に対し興味が湧いてきたとか、タネの移動の仕方などを学ぶ事が出来、これから植物について学んでいきたい等の感想を聞かせてもらい、満足してもらった観察会になりました。

観察できたもの

オオモミジ、ナンテン、アオダモ、スギ、ヒノキ、ホソバタブ、シロダモ、ネズミモチ、ヒイラギ、フジ、アベリア、ノイバラ、アケビ、ヌルデ、クサギ、ヤブムラサキ、ムラサキシキブ、アオツヅラフジ、クロモジ、ヤマコウバシ、シキミ、マツカゼソウ、ヤブニッケイ、アカシデ、ウラジロノキ、ウラジロ、クマノミズキ、ケケンポナシ、リュウキュウマメガキ、エノキ、クマノミズキ、エゴノキ、ナンキンハゼ、ウツギ、ジャケツイバラ、サルトリイバラ、コクサギ、ヤブサンザシ、アカマツ、クロマツ、イタドリ、エゴマ、イヌシデ、イヌザンショウなど

 

箕面ビジターセンターでは、他にも楽しいいイベントを開催しています。ぜひご参加ください!(※チラシをクリックすると拡大します)
◆10月5日(土)森の癒しウォーク~秋の森 のんびり散策 ハンモック体験
◆10月13日(日) 森の自然工作教室
10月20日(日)アリジゴクの不思議発見

カテゴリ:イベント情報,箕面ビジターセンター

タグ:,, , ,

投稿者:Kondo

投稿日:2019年10月01日 15時間07分40秒