sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

11月3日(日・祝)「山とみどりのフェスティバル」を行いました。たくさんの市民の皆さまのご来場ありがとうございました!

森の中、箕面公園瀧安寺前広場をメイン会場として行う「山とみどりのフェスティバル」。この日は、途中で少し雨がふりましたが、瀧安寺前広場などでは多くのお客様に来ていただき、いろいろなイベントを楽しんでいただきました。

午前10:30からのスタートですが、ボランティアスタッフは午前9時から集まり準備。

日ごろ、箕面の山や町なかで活動を行っている団体のボランティアスタッフ約150名(瀧安寺前広場111名他)の皆さまのご協力をいただき、2000人以上(瀧安寺前広場だけの各団体参加者計は2470人/参加者のダブリを含む)のお客様にご来場いただきました。

自然素材を使った工作や体験コーナーで、多くのご家族の皆さんに楽しんでいただきました。

会場の通路では、公益信託みのお山麓保全ファンドの助成を受けた団体の報告や活動紹介のパネルを展示しました。

たくさんの団体が参加しました。

滝道沿いでは、台風被害から復旧の様子やもみじだよりの災害に関するパネルの展示を行いました。

今年の山フェスのテーマは災害に強い森づくりです。

災害備蓄米の炊き出しを午前11:30から行いました。

約250個のふるまいは大人気であっという間になくなりました。

午後からは、滝ノ道ゆずるクンにも登場していただきました。

森の音楽隊による演奏も行いました。

大阪府立園芸高校のご協力で、カブトムシの幼虫と花苗などを頒布しました。たくさんの方のご協力ありがとうございました。

集まった募金総額は、54,325円となりました。

箕面の山の災害復興募金及び公益信託みのお山麓保全ファンドの活動に活用させていただきます。

ご利用していただくと箕面の山間・山麓部の保全のための箕面市の基金に募金される「ゆずるWAON」(300円)も10枚がすぐになくなりました。

この他に、出展した各団体の有料の企画では、団体の山麓保全活動に活用させていただきます。

梅屋敷では、箕面の自然の写真展が行われました。

滝道のゆずるの足湯前では、タッキー816のラジオ公開生放送も行われました。

駅から箕面公園までの途中にある滝道ふれあい広場でも、楽しいイベントが行われました。

また、箕面駅前ステージでは、まちのみどりを守る団体の皆さんの活動紹介やイベントが行われました。

ポイントラリーでは、瀧安寺前広場、梅屋敷、滝道ふれあい広場から、終点の駅前広場まで廻っていただき、オリジナルのゆずるのシオリを進呈しました。自由に色塗りを楽しいでいただきました。

たくさんの皆さまの応援やご参加ありがとうございました。

 

カテゴリ:イベント情報,山麓ファンドの募金,その他,みのお山麓保全ファンド助成事業,山とみどりのフェスティバル

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年11月11日 19時間13分05秒