sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

1月8日(日)、新稲地区の私有林で、山林所有者から要請を受けて、今年20件目の山林整備サポート活動を行いました。

山林整備サポート(ボランティア派遣)の仕組みは、「みのお山麓保全活動助成金」を受けた山林所有者が、「高齢のために山の手入れが難しい」「遠隔地に住んでいるので手入れができない」「山林の手入れを手伝ってほしい」などといった理由で要請を受けて、山林所有者に代わってボランティアの皆さんが山林整備を行うものです。

2021年度は山林所有者51人からの要請があり、今回がちょうど今年20件目になります。

この日の新稲地区でのボランティア活動に参加されたのは17名でした。

山麓部の活動としては、雑木林や植林地の整備依頼が多いなかで、この日は竹林が対象でした。

近年の台風被害やイノシシの影響で荒れた竹林が多い中で、今回は枯れて折れ曲がったタケの除伐作業などを中心に、「箕面の森のきこり隊」の皆さんが、中心になって活動しました。

箕面の森のきこり隊の皆さん

「みのお山麓保全活動助成金」の仕組み

自然緑地指定に同意された山林所有者が行う山麓保全活動に、25円/1㎡、最大25万円の助成を行っています。

2021年度は、83件の山林所有者の助成申請が採用されました。(助成金額:8,557,600円)

山麓部に山林を所有している山林所有者だけでなく、多くの市民団体が助成を受けて活動しています。

2022年度の助成申請は、2月1日から28日までです。

新しく活動を始めようと考えておられる方は、山麓委員会事務局にお気軽にご相談ください!

 

カテゴリ:みのお山麓保全活動助成金の情報,みのお山麓保全助成金 助成活動

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2022年01月12日 18時間25分32秒