sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

箕面の山でクマが活動していることが確認されました。北摂地方は、京都・兵庫方面からのクマの行動範囲になっています。クマに出会わないように注意しましょう!

2018年8月10日、※明治の森箕面自然休養林管理運営協議会が山中に設置している※自動撮影カメラのデータを箕面の山パトロール隊が回収したところ、クマらしい動物が写っていました。 大阪府の専門家に判定をお願いした結果、まちがいなくツキノワグマということがわかりました。 下の写真は、2018年8月6日19:30、勝尾寺の南方に設置している自動撮影カメラに撮影されたものです。 箕面の山の中でも、ツキノワ…続きを読む

サクラなどの樹木に被害を与えるクビアカツヤカミキリが特定外来生物に指定されました。クビアカツヤカミキリの成虫や樹木からのフラス(木クズ)を発見したら、通報してください!

昨日、明治の森箕面自然休養林管理運営委員会の分科会があり、環境省近畿地方環境事務所野生生物課の職員の方から、外来種被害防止行動計画についての説明をしていただきました。 その中で、クビアカツヤカミキリが、特定外来生物に指定された事、及び大阪府南部で被害が発生しているとの報告を受けました。 クビアカツヤカミキリは、幼虫がサクラやウメ、モモ、スモモ、カキなどの樹木の中に入り込み、木の内部を食い荒らしてし…続きを読む

西日本豪雨時における箕面川ダムの水位について

6月28日以降、西日本を中心に広い範囲で記録的な豪雨となり、各地で大きな被害が発生しました。6月28日から7月8日までの総降水量は、近畿でも600ミリを超える豪雨となり、能勢では降り始めからの総雨量が498.5ミリを記録したとのことです。 箕面市では、幸いにも今回は大きな被害はありませんでしたが、たびたび水害に苦しめられてきた歴史があります。 昭和26年(1951年)の水害では、箕面町警察署長の合…続きを読む

明治の森箕面国定公園/自然研究路7号線は、通行止めになっています。

(平成30年7月10日) 大阪府北部農と緑の総合事務所みどり環境課からお知らせです。 大雨の影響により明治の森箕面国定公園内の自然研究路7号線で、落石等が発生しました。 一部歩道の崩れもあり、通行が困難となったため、通行止めにしています。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。 【通行止めについて】 ○自然研究路7号線○ 場所:自然研究路7号線 状況:大雨により落石等が発生して…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,箕面ビジターセンター,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2018年07月11日

箕面ビジターセンターは通常通り、開館しています。明治の森箕面国定公園に通じる道路の通行止めは解除されました。

土日、箕面ビジターセンターは休館していましたが、本日(月曜日)から通常通り、開館しています。 下記の道路の通行止めは解除されました。 ○箕面市箕面/浄水場口から箕面大滝に通じる道路(豊中亀岡線) 7月9日朝の様子  通行止めは解除されました。 ○箕面市粟生間谷/西田橋北からクリーンセンターや勝尾寺に通じる道路(茨木能勢線) 7月9日朝の様子  通行止めは解除されました。 その他の道路情報は、大阪府…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,箕面ビジターセンター,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2018年07月09日

大雨警報・土砂災害警戒情報は解除されましたが、ハイキングには十分注意してください!

7月5日未明からの大雨の影響により、ハイキング道では倒木・崩落・落石などが発生している場合があります。 ハイキングをされる場合は、倒木・崩落・落石などに十分注意してください。 ウツギ谷の林道の様子 林道のアスファルトが剥落して、水が流れています。 ウツギ谷の倒木の様子 渓流沿いに、倒木が発生しています。 写真:7月8日午後NPO山麓委員会/高島 ———&#821…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,箕面ビジターセンター,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2018年07月08日

大雨の影響による明治の森箕面国定公園に通じる道路の通行止め状況(7月8日15時現在)

警報・土砂災害警戒情報は解除されましたが、7月5日未明からの大雨により、明治の森箕面国定公園に通じる下記の道路は通行止めになっています。 ○箕面市箕面/浄水場口から箕面大滝に通じる道路(豊中亀岡線) 土砂崩れが発生しているために、風の杜から北、箕面大滝方面には車の通行は出来ません。 ※浄水場口から風の杜までは、通行止めではありません。 浄水場口の通行止めの様子 ○箕面市粟生間谷/西田橋北からクリー…続きを読む

行政と市民団体が協働で、特定外来生物ウシガエルを駆除する活動を行いました。今回はアナゴカゴを使っての捕獲を試みました。

エキスポの森/花の谷には、保護すべき種として、トノサマガエル(環境省・大阪府準絶滅危惧種)やシュレーゲルアオガエル(大阪府準絶滅危惧種)の他、モリアオガエルなども生息しています。 追伸 6月4日に現地を巡回した市民の方によると、モリアオガエルの卵塊は無くなっているそうです。人による採取は、あまり考えられないのですが、ニホンザル、又はアライグマ(特定外来生物)による捕食の可能性があります。しばらく、…続きを読む

カテゴリ:生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:,

投稿者:sanroku

投稿日:2018年06月01日

エキスポの森/花の谷で特定外来生物ウシガエルの駆除を行いました

花の谷には、注目される保護すべき種として、トノサマガエル(環境省・大阪府準絶滅危惧種)やシュレーゲルアオガエル(大阪府準絶滅危惧種)の生息が確認されています。 一方で、特定外来生物・総合対策外来種であるウシガエルも多く生息しています。 ※ウシガエルは、口に入る大きさであれば、ほとんどの動物が餌となり、幅広い小動物を捕食します。 環境省のホームページ このまま、放置しておくと、花の谷の生き物に大きな…続きを読む

カテゴリ:生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:,

投稿者:sanroku

投稿日:2018年05月18日

3月24日、明治の森箕面自然休養林(明治の森箕面国定公園内)のエキスポ90記念の森にベンチを設置しました。

明治の森箕面自然休養林管理運営協議会では、休憩できるベンチが欲しいという市民の声にこたえて、毎年10台のベンチを設置しています。 2017年度は、10月に勝尾寺園地に4台を設置しましたが、3月24日に、みのおエキスポ90記念の森の芝生広場を中心に、6台を設置しました。 このベンチの製作・設置は、同協議会の市民団体委員である箕面里山工房のボランティアの皆さまに行っていただいています。 国有林のスギや…続きを読む

カテゴリ:明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2018年03月26日