sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

4月29日(祝)みのおキューズモールで 山とみどりのフェスティバル「ふれあい広場 みのおの山と遊ぼう!」を開催します。ぜひお立ち寄りください!

昨年11月7日、みのおキューズモールで「ふれあい広場 みのおの山と遊ぼう!」を開催し、多くのご家族にご参加をいただき好評だったことから、今年は4月29日(祝)に、さらに規模を拡大して開催することにしました。 ※下は昨年11月7日の写真です。 ステージでは音楽演奏や森の紙芝居、箕面滝道クイズを行う他、広場では木こり体験や自然素材を使った工作体験の他、山麓保全活動や箕面の自然の紹介などを行います。ぜひ…続きを読む

カテゴリ:イベント情報,山とみどりのフェスティバル

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2022年04月23日

みのお山とみどりのフェスティバル生物多様性研究フォーラム「箕面の外来生物と生物多様性」(2/11)を開催しました。当日資料の概要を公開しましたので、ぜひご覧ください!

近年、外来生物が箕面の生物多様性や生態系に悪い影響を与える恐れがあることが懸念されていることから、外来生物についての理解を深めて、箕面の森での生物多様性の保全の取り組みを考えるために、生物多様性研究フォーラム「箕面の外来生物と生物多様性」を開催しました。 箕面の関係者の他、全国の研究者や行政機関、関係団体、環境系企業の皆さまなど、生物多様性の保全に関心を持つ多くの方にご参加いただき、誠にありがとう…続きを読む

箕面市東部、彩都周辺の道路のり面などで、特定外来生物「ナルトサワギク」が急速に生育地を広げています。市民も協働で行える対策があるのではないでしょうか?

特定外来生物※「ナルトサワギク」 ※外来生物のうち、特に生態系や人の生命に被害を及ぼすものについて、外来生物法では「特定外来生物」として指定されています。 アフリカのマダガスカル原産の外来種である「ナルトサワギク」は、1年中、花を咲かせ、綿毛のある種子を飛ばすために、非常に繁殖力が強く、箕面でも東部の彩都周辺を中心に、急速に分布域を拡大しています。 我が国本来の生態系に影響を与える恐れがある他、有…続きを読む

11月7日(日)みのおキューズモールLステージで「ふれあい広場 みのおの山と遊ぼう!」のイベントを行いました。たくさんの皆さまのご参加ありがとうございました!

この日はお天気が危ぶまれていましたが、いい天気に恵まれて、たくさんのご家族のご参加をいただき、終了時間を30分延長して午後3時30分まで、「ふれあい広場 みのおの山と遊ぼう!」のイベントを行いました。 午前9時に集合して、ステージや各団体のブースの準備を行い、午前11時前にはスタンバイしました。 最初のオープニングは、Affettuoso(アフェットオーソ)のリコーダーの運動会メドレーで元気に始ま…続きを読む

カテゴリ:イベント情報,山とみどりのフェスティバル

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2021年11月10日

生物多様性への悪影響が懸念される「シンテッポウユリ」、箕面でもたくさん見られるようになりましたが、どのように対処したらいいのでしょうか?

下は、箕面の山麓線沿い、箕面市浄水場交差点から東斜面に、ユリが開花している写真です。たくさんの「シンテッポウユリ」が見られます。(8/22午前事務局撮影) 8月ごろ、きれいな花を咲かせますが、環境省の外来種リストにも指定されています。 繁殖力が非常に強く、生物多様性への悪影響が懸念され、対策の必要性が指摘されています。 ここ以外にも、如意谷住宅東斜面、彩都トンネル西の市道斜面にも、たくさん咲いてい…続きを読む

カテゴリ:イベント情報,生き物の多様性保全,山とみどりのフェスティバル

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2021年08月22日

生物多様性研究フォーラム「ニホンジカの生息情況とエキスポ90みのお記念の森の生物多様性」を行いました。生物多様性研究フォーラムの概要を報告します。

みのお山とみどりのフェスティバル(主催:箕面市・NPO法人みのお山麓保全委員会)、今年は新型コロナの影響で、不特定多数が集まる体験フェアは中止して、事前予約で人数を限定した生物多様性研究フォーラムを箕面文化・交流センターで10月18日に開催しました。(一般参加者50名、スタッフ及び報告者を含めると66名の参加) ※後援:明治の森箕面自然休養林管理運営協議会 第1部は「生態系に大きな影響を与えている…続きを読む

10月18日、生物多様性研究フォーラム~ニホンジカの生息状況と「エキスポ’90みのお記念の森」の生物多様性~を開催します。人数限定ですので、お早めにお申し込みください!

みのお 山とみどりのフェスティバル 生物多様性研究フォーラム ~ニホンジカの生息状況と「エキスポ’90みのお記念の森」の生物多様性~ 箕面の森の生態系に大きな影響を与えているシカの生息状況、増えすぎたシカの管理や被害防止対策、森林整備後の「エキスポ’90みのお記念の森」の生物多様性の復活などについて報告します。箕面の森でできることを考えましょう! 日 時:2020年(令和2年)10月18日(日) …続きを読む

年末年始は12月28日(土)から1月5日(日)まで、お休みとさせていただきます。2020年も、よろしくお願い申し上げます。

山麓部の森林の多面的な機能を最大限発揮することを目的として、2003年に「NPO法人みのお山麓保全委員会」を発足して17年、事務所を2013年1月に阪急箕面駅前「みのおサンプラザ」1号館2階に移転して、7年になろうとしています。 2019年、公益信託「みのお山麓保全ファンド」の一般助成では76件の山林所有者、18件の市民団体の申請が採用され、活発な保全活動を行っています。 箕面の山麓部及び山間部を…続きを読む

カテゴリ:事務局だより,山とみどりのフェスティバル,みのお山麓保全助成金 助成活動

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年12月27日

12月8日(日)みのお 山とみどりのフェスティバル「災害に強い森づくりフォーラム」が行われました。今後、具体的な森づくりの活動が始まっていくことが期待されます。

箕面の森は、自然災害から私たちの「いのちとくらし」を守れるのか?をタイトルとして災害に強い森づくりフォーラムが行われました。 森林が持つ持続可能な防災・減災機能を引き出し、活用することが重要です。未来のために、今、私たちが箕面の森で出来ることを考えるフォーラムです。 ※主催:箕面市・NPO法人みのお山麓保全委員会、後援:明治の森箕面自然休養林管理運営協議会 13:30~15:45の時間で、箕面文化…続きを読む

12月8日(日)、箕面文化・交流センター(阪急箕面駅前みのおサンプラザ)8階で「災害に強い森づくりフォーラム」を行います。ご参加の方はお申込みください!

災害に強い森づくりフォーラム ※山とみどりのフェスティバル 箕面の森は、自然災害から私たちの「いのちとくらし」を守れるのか? 先の台風19号は中部・関東・東北地方を中心に、大きな被害をもたらしました。 北摂山地のふもとに住む私たちの「いのちとくらし」にも大きな影響を与えるかもしれない自然の脅威です。 箕面川ダムのような人工構造物によるインフラ整備だけでなく、森林が持つ持続可能な防災・減災機能をうま…続きを読む