sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

アサンプション国際小学校の校外学習のお手伝いをしました。

アサンプション国際小学校では、毎年、近くにある箕面公園をフィールドとして校外学習を行っています。

今年も、5月8日に、箕面ビジターセンターの自然解説員の2名とNPO山麓委員会事務局、計3名がお手伝いをさせていただきました。

2年生63名と先生方といっしょに、箕面大滝から、昆虫館までの滝道を歩きました。

早速、大滝の前ではニホンザルにあいました。ただし、お弁当などをかっぱらうことがあるので、要注意です。

「みのおの森で、たからものさがし」をテーマで、トゲトゲしているもの、だれかがたべたあと、音のするものなどを探しました。

モチモチするもの(モチツツジ)を探して、さわってみたりしました。

子どもたちは、小さい生き物を見つけるのが得意です。

昆虫館に入った後、箕面公園管理事務所の協力をいただき、モミジのポット苗を持ち帰ってもらいました。

このモミジの小さい苗、何もしないでほっておくと日当たりが悪いので、枯れてしまいます。

作ってもらったモミジのポット苗は、学校に持ち帰ってもらい、枯れずに育ったら、また箕面公園の山に返したいと思っています。

カテゴリ:事務局だより,自然学習・山麓学習

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年05月17日 16時間17分32秒