sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

6/14(火)夕方6時40分からNHKの番組「ええやん この街 箕面市」で箕面の豊かな自然やホタルを守る活動が紹介されました。ホタルが生息できる環境を守りましょう!

箕面は山間・山麓部の森林が市域の約60%を占め、山なみに抱かれ、「みどり豊かなまち・みのお」をめざして、市はみどりの基本計画を策定して、行政だけでなく、市民も一緒になって、みどり豊かで、住みやすい街づくりを行っています。

NHKでは、「ええやん この街」のコーナーで箕面市を取り上げて、箕面の豊かな自然やホタルを守る活動を紹介されました。

大阪都心から電車で約30分、箕面市民だけでなく、大阪市内や近隣市の多くの市民の方に箕面の山が親しまれています。

みどりが美しい箕面大滝や勝尾寺など、明治の森 箕面国定公園の自然や名所が紹介されました。

山麓部や山間部の緑が保全されていることから、箕面市では住宅地のすぐそばに流れる川で、普通にホタルを観察することが出来ます。このような住宅地はめずらしいですね。

もちろん、山のみどりが保全され、きれいな水が流れてくることが前提ですが、それだけでなく、市民が中心になって、ホタルが生息できる環境を守るための活動を行っています。

川の中の不法投棄ゴミの撤去の他、ホタルがすみやすい暗い環境を守るために、周辺住民に呼び掛けて、光の害を防ぐ他、数年に渉って記録を取るなどの着実な活動を継続しています。

勝尾寺川、箕川、箕面鍋田川、箕面川、石澄川の五つの河川で、このような活動が行われています。

※府営箕面公園のホタルは、6月末まで、鑑賞することが出来るでしょう。

箕面の豊かな自然を守り、育て、活かすことで、ホタルをはじめとした昆虫や野鳥など多様な生き物が生息できる豊かな森林生態系を守りましょう!

あわせて、水源涵養や土砂災害の防止、歩いて楽しめるリクレーションの場など、公益的で多面的で健全な森の機能を守り、次の世代の子供たちに引き継ぎましょう!

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:,

投稿者:sanroku

投稿日:2022年06月15日 12時間20分05秒