sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

10月16日(土)箕面国定公園でハチに刺される事故が発生しました。ハイキングの際は、ハチに注意してください!

夏から秋にかけては、ハチ(スズメバチなど)が活発に活動する時期です。

10月16日(土)ビジターセンターの北、ながたに橋のあたりでハチに刺される事故が発生しました。

もうしばらくの間、ハイキングの際は、ハチに注意してください。

大阪府/ハイキングの際はスズメバチに注意!! (osaka.lg.jp)

この時期のハイキングは、ハチ刺されに注意が必要です。ハチによる事故を防ぐために、次のことに気を付けてください。

≪ハチに刺されないたに≫

○黒っぽい服装は避ける(黒い色はハチを刺激し、攻撃対象になりやすい)

○暑くても、長袖、長ズボン、帽子を着用し、肌を露出しない

〇香水や整髪剤などは控える

○ハイキングコースから外れて歩かない

団体でのハイキングは、特に注意してください

〇ハチの巣を発見しても近づかないでください。

≪近くにハチが飛んできたら≫

○ハチに遭遇したら手で払わずに、姿勢を低くして、ゆっくり下がりながら逃げてください

≪ハチに刺されたら≫

アレルギー体質の人や2度目の人は注意が必要です。

大阪府医師会のホームページ

ハチに刺されたら|げんき情報|大阪府医師会 (med.or.jp)

医師会のホームページを参考にしてください。

○刺された傷口を流水でよく洗い流す。ハチの針が残っている場合は、そっと抜く

○息苦しさや口の渇き、冷や汗、めまい、血圧低下、しびれ、嘔吐、じんましんなどのショック症状が現れた場合は、一刻も早く救急病院で医師の診察を受ける。

ハチは刺激しなければ、むやみに刺すことはありません。

ハチに出会っても、あわてず落ち着いて行動しましょう。

カテゴリ:森の安心安全情報,箕面ビジターセンター

タグ:,

投稿者:sanroku

投稿日:2021年10月16日 17時間29分59秒