7月 2022
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
« 6月   8月 »

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

箕面の里山の春

3月24日(月)午前9時30分、気温は12℃(箕面浄水道下の温度計)です。

箕面山麓部の里山にも、ようやく春が到来し、いろいろな花が咲き、生き物の気配が満ちあふれています。

粟生外院の梅林周辺の春の景色です。

梅林

サンシュユやレンギョウの黄色い花たち。

サンシュユ

レンギョウ

花粉を集めるニホンミツバチたち(写真の左上)。多くのミツバチが飛び交っており、花々の受粉を助けています。ミツバチは集めた花粉で命をつないでいきます。

ミツバチ

足元には、ヒメオドリコソウやオオイヌノフグリが咲き始めました。遠くでは、キジのケーンという鳴き声が聞こえています。里山の春爛漫です。

ヒメオドリコソウ

オオイヌノフグリ

カテゴリ:生き物の多様性保全,未分類

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2014年03月24日 11時間47分53秒