のぞき穴からのぞくと、箱の中にストーリー仕立てにした絵が何枚も仕掛けられていて、口上(説明)する人の話にあわせてその絵が入れ替わっていく見世物です。

昔懐かしい「のぞきからくり」を今風に変えて復活させる、全国でも数少ない試みです。

日時:5月5日(祝)午前10時~午後3時ごろまで、随時上演 *雨天中止

場所:箕面の滝道 大阪観光ホテル前 「みのお森のふれあい広場:

主な演目:「萱野三平物語/四十八人目の義士」、「役の行者」(えんのぎょうじゃ)の物語など

主催:ええみのお推進市民の会

協力:みのお森のふれあい広場運営委員会(山麓ファンド助成団体)

下の写真は、昨年11月に行ったときの様子です。

のぞきからくり のぞきからくり1