sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

生き物の多様性保全

新着情報 記事一覧

2019年07月25日

台風により被害を受けたスギ・ヒノキ林の風倒木対策事業が8月1日から「こもれびの森」で行われます。自然林の再生のための事業や活動にご理解とご協力をお願いします

昨年・一昨年と連続した大きな台風の影響により、箕面の山が大きな被害を受けたのは記憶に新しいところです。 箕面大滝に通じる府営箕面公園では、渓谷の斜面が崩れて、通行止めになりましたが、箕面大滝の北、大日駐車場前斜面でもスギ・ヒノキの人工林が大きな被害を受けました。 その他、「こもれびの森」(箕面市有林)でも、南から吹き付ける台風による強風のため、南斜面の谷沿いのスギ・ヒノキの人工林が大きな被害を受け…続きを読む

2019年07月20日

7月28日(日)アリジゴクの不思議発見、定員オーバーになりましたので、締め切りとさせていただきます。

箕面ビジターセンターの自然観察教室、7月28日(日)の「アリジゴクの不思議発見」は、定員15名をオーバーしましたので、申込受付を終了させていただきます。 悪しからずご了承をお願いします。 尚、次回は、10月に開催を予定しています。

2019年07月03日

特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」の脅威と対策~被害と防除の最前線~、7月31日(水)に、講演会や現地見学会が行われます。

クビアカツヤカミキリは2012年に愛知県で発見され、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、大阪府、徳島県でも確認され、大阪府でも、大阪狭山市、堺市、富田林市、羽曳野市、河内長野市、河南町、及び大阪市内での公園などでも、確認されています。 2018年1月に「特定外来生物」に指定されたクビアカツヤカミキリ。今その被害が全国各地で、そして大阪府でも拡大しています。バラ科のサクラ、ウメ、モモ、カキなどの樹木の被…続きを読む

2019年06月07日

ホタルの季節になってきました。マナーを守って、楽しく観察しましょう!

このところ、箕面では、まとまった雨がなく、山は乾燥しており、5月25日には山火事が発生しました。山麓部の谷山谷の渓流には水が流れておらず、砂防ダムは干上がっていました。※6月5日に撮影 乾燥が続いていましたが、7日(金)、低気圧や前線に伴う雨雲が発生し、箕面でもまとまった雨が降っています。 自然や生き物にとっては、恵みの雨ともいえるでしょう。 一方、近畿地方南部では激しい雨が降る恐れがあり、河川の…続きを読む

2019年06月05日

ササユリなど、明治の森箕面国定公園の環境省指定植物や希少種の保護にご協力をお願いします!

昭和44年に、箕面市の花として制定されたササユリ。昔は、箕面の山では普通に見られたそうですが、今は、ほとんど姿を消しています。昭和40年代くらいまで、薪炭林や下草の利用などで人の手が加わり、多様な生態系が保たれていた里山では、ササユリは普通に見られた植物でした。 里山の環境変化により個体数が減っているササユリに、人による球根の盗掘や地上部の採取などの負荷がかかっており、啓発や監視活動の強化が必要で…続きを読む