event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

blog-bannar

blog-bannar

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり #箕面の森の守りびと

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

山林整備サポートボランティア

新着情報 記事一覧

2022年12月01日

今年度の山林整備サポーターボランティア派遣がはじまりました。

2022年度の「山林整備サポート(ボランティア派遣)」が、10月後半から始まりました。 本制度は、高齢のため、遠隔地に住んでいるため、などの理由から、山の手入れができないといった山林所有者に代わって、ボランティアが山林整備を行うというものです。要請件数は、年々増加する傾向にあって、今年度の件数は、昨年度から5件増えて、計56件となっています。 この山林所有者からの派遣要請に対して、今年度は、山麓部…続きを読む

2022年10月25日

10月22日 第7回山林整備サポートボランティア養成講座が実施されました。

10月22日(土)、 第7回山林整備サポートボランティア養成講座が、箕面市外院のヒノキ林などで行われました。今回は、箕面市、豊中市、伊丹市に在住の9人にご参加いただきました。 午前中は、粟生外院の自治会館をお借りして座学。本講座の目的、箕面山の現状、山林整備にあたっての基本的なノウハウと安全管理についての講義が行われました。 午後からは、外院のヒノキ林に場所を変えて、箕面の森のきこり隊のみなさんの…続きを読む

2022年07月13日

山林整備サポートボランティア養成講座 申込始まりました。

箕面の山麓部の約80%は、民有地(私有林)です。 みのお山麓保全委員会では、民有地の地権者から、山林整備のためのボランティア派遣要請を受けて、作業のしやすい冬の時期に、毎年、倒木処理や間伐などの活動を行っています。 2021年度は51件の地権者からの派遣要請を受けていますが、山林整備を行うボランティアが不足しており、多くの方にご参加をお願いしています。 ボランティア活動なので、チェーンソーは使わず…続きを読む

2022年03月30日

4月23日(土)に第6回山林整備サポーターボランティア養成講座を開催します。ぜひお申し込みください!

箕面の山麓部の約80%は、民有地(私有林)です。 みのお山麓保全委員会では、民有地の地権者から、山林整備のためのボランティア派遣要請を受けて、作業のしやすい冬の時期に、毎年、倒木処理や間伐などの活動を行っています。 2021年度は51件の地権者からの派遣要請を受けていますが、山林整備を行うボランティアが不足しており、多くの方にご参加をお願いしています。 ボランティア活動なので、チェーンソーは使わず…続きを読む

2022年03月24日

【みのお森の学校】3月19日(土)

【みのお森の学校】3月19日(土)、第7回講座が開催されました。 今回は、山林整備の基礎知識ときこり体験です。 先週までとは打って変わって肌寒い日となり、夕方から雨予想。きこり体験完了まで天気がもって欲しいところでした。 14名の方が参加され、午前の講義は箕面市外院にある帝釈寺東隣の聚楽館で成瀬講師よりおこなわれました。 座学の講座では森林の持つ多面的機能のおさらいと日本の森林状況、箕面山麓部の樹…続きを読む

<山林整備サポートとは>

山林所有者が高齢であったり、遠隔地に住んでいたりなどの理由で、山林の手入れができない場合に、所有者からの要請を受けて倒木の処理や間伐など、山の手入れを行うボランティア派遣の仕組みです。

第6回山林整備ボランティア養成講座開催日程

ボランティア養成講座を受けて、箕面の山で楽しく活動しませんか!初めての方でもベテランの山林整備サポーターと一緒なので安心です。

養成講座を修了すると、山麓部の山林で、倒木の処理や間伐など、山の手入れを行うボランティアとして活躍することができます。

日 時: 2022年4月23日(土) 10:30 終了15:00(予定)

集 合:10:15 皿池公園(箕面粟生外院5丁目) 実習:箕面粟生外院 ヒノキ林

定員:先着 10名

内 容:基本的な技術や安全知識を学ぶ講義、近くの民有林で倒木処理や間伐を体験

参加費:無料 ※事前申し込みが必要です。

以下の専用申込フォームより申込ください。