sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

山林整備サポートボランティア

新着情報 記事一覧

2022年03月30日

4月23日(土)に第6回山林整備サポーターボランティア養成講座を開催します。ぜひお申し込みください!

箕面の山麓部の約80%は、民有地(私有林)です。 みのお山麓保全委員会では、民有地の地権者から、山林整備のためのボランティア派遣要請を受けて、作業のしやすい冬の時期に、毎年、倒木処理や間伐などの活動を行っています。 2021年度は51件の地権者からの派遣要請を受けていますが、山林整備を行うボランティアが不足しており、多くの方にご参加をお願いしています。 ボランティア活動なので、チェーンソーは使わず…続きを読む

2022年03月24日

【みのお森の学校】3月19日(土)

【みのお森の学校】3月19日(土)、第7回講座が開催されました。 今回は、山林整備の基礎知識ときこり体験です。 先週までとは打って変わって肌寒い日となり、夕方から雨予想。きこり体験完了まで天気がもって欲しいところでした。 14名の方が参加され、午前の講義は箕面市外院にある帝釈寺東隣の聚楽館で成瀬講師よりおこなわれました。 座学の講座では森林の持つ多面的機能のおさらいと日本の森林状況、箕面山麓部の樹…続きを読む

2022年01月31日

森林整備活動の候補地・「あたごの森」の現地視察 報告

2019年より開始した森林整備サポーター養成講座の受講者を対象に呼びかけを行い、今後の活動拠点候補である箕面市有林「あたごの森」を下見する会を催しました。 受講者8名の方にご参加いただき、山麓保全委員会スタッフを含め総勢13名で地図を片手に現地を歩いて視察しました。 まずは、麓にある聚楽会館をお借りして、趣旨説明と自己紹介タイムを取り、 地図で現地情報を確認後、現地視察に向かいました。 「あたごの…続きを読む

2022年01月27日

1月25日(火)、本年度28ヶ所目、箕面市如意谷の私有林での山林整備サポート(ボランティア派遣)活動、今回は企業の皆さまにもご参加いただき行われました。

高齢のため、遠隔地に住んでいるため、などの理由から山の手入れができないといった山林所有者に代わってボランティアが山林整備を行う「山林整備サポート(ボランティア派遣)」が、25日、如意谷のヒノキの植林地で、計15人が参加して行われました。 スギやヒノキの人工林は、定期的に間伐し、樹木の本数を減らしながら林内に光を入れて、徐々に根の張りを大きくしていく必要があります。数年前の台風被害でもわかるように、…続きを読む

2021年11月29日

11月27日(土)山林整備サポートを担うボランティア養成講座を開催しました。

NPO法人みのお山麓保全委員会では、山林所有者からの山林整備サポート要請を受けて、11月から冬の期間に、倒木処理や徐間伐などの活動を行っています。 毎年、要請件数がふえており、2021年度は51件の要請がありました。 山林所有者からの要請が増えており、今までのボランティアでは不足しているため、新たに山林整備サポートを担っていただくボランティアを養成する必要があります。 10月16日(土)は14人に…続きを読む

<山林整備サポートとは>

山林所有者が高齢であったり、遠隔地に住んでいたりなどの理由で、山林の手入れができない場合に、所有者からの要請を受けて倒木の処理や間伐など、山の手入れを行うボランティア派遣の仕組みです。

第6回山林整備ボランティア養成講座開催日程

ボランティア養成講座を受けて、箕面の山で楽しく活動しませんか!初めての方でもベテランの山林整備サポーターと一緒なので安心です。

養成講座を修了すると、山麓部の山林で、倒木の処理や間伐など、山の手入れを行うボランティアとして活躍することができます。

日 時: 2022年4月23日(土) 10:30 終了15:00(予定)

集 合:10:15 皿池公園(箕面粟生外院5丁目) 実習:箕面粟生外院 ヒノキ林

定員:先着 10名

内 容:基本的な技術や安全知識を学ぶ講義、近くの民有林で倒木処理や間伐を体験

参加費:無料 ※事前申し込みが必要です。

以下の専用申込フォームより申込ください。