event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

blog-bannar

blog-bannar

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり #箕面の森の守りびと

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

山林整備サポートボランティア

新着情報 記事一覧

2023年12月29日

景観を損なっていた「ナラ枯れ枯死木」の倒木を資源として有効活用!山麓保全活動で資源と活用の好循環をめざす!

暮れも押し詰まった12月29日、教学の森ハート広場(市有林)で、薪ストーブ利用者6名と山麓委員会事務局3名、計9名で、「ナラ枯れ枯死木」の伐倒木の処理や整備活動を行いました。 教学の森ハート広場にある東屋周辺では、ナラ枯れ被害による大径木の立ち枯れが多く発生し、倒れると危険な状態でしたが、箕面市による危険木の伐倒処理が順次、行われてきました。 ただ、放置したままの乱雑な状態では、景観的にも悪く整理…続きを読む

2023年12月01日

2023年度の山林整備ボランティア派遣が始まりました。

高齢や遠隔地に住んでいるためなどの理由で、山の手入れができない山林所有者に代わってボランティアが山林整備を行う「2023年度山林整備ボランティア派遣」が10月後半から始まりました。        山林所有者さんからの今年度の派遣要請は計61件で、昨年度から5件増加。山林所有者さんの高齢化などに伴い要請件数は年々増加しています。今年度は、全61件を「みのお里プラ」「みのおの森のきこり隊」「みのおフォ…続きを読む

2023年10月30日

10月28日、第9回山林整備サポートボランティア養成講座を実施。

10月28日(土)第9回山林整備サポートボランティア養成講座が、箕面市外院のヒノキ林などで行われ、地元の箕面市のほか、豊中市、吹田市、川西市在住の6人が参加。また今回は、10月14日、10月21日に行われた、今年度のボランティア派遣参加予定者を対象にした安全講習会に、出席できなかった3人にも、午前中の座学を一緒に受講していただきました。 午前中の座学は、粟生外院の自治会館をお借りして行われました。…続きを読む

2023年10月16日

みのお山林整備サポーター「安心安全管理講習会」を実施しました。

2023年10月14日(土)、かやの中央のみのお市民活動センター多目的室で、山林整備サポーター対象に安心安全管理講習会を開催しました。 今回講習会は、2023年度の民有林の整備ボランティア活動が10月後半から始まるのを前に、作業の安全を期すために、今年度の活動に参加希望のサポーターを対象に行われたもので、整備活動団体の「みのお里ぷら」「杜の会」「箕面の森のきこり隊」「みのおフォレスターズ」などに所…続きを読む

2023年08月24日

8月24日、箕面市白島地区内の里道沿いのコナラの枯死木の伐採作業をボランティアの協力で行いました。

あかつき特別養護老人ホーム(箕面市白島)から、山麓保全委員会に相談がよせられたコナラの枯死木の伐採作業を8月24日に行いました。 6月末に寄せられた相談は「施設のフェンス沿い(里道沿い)にあるコナラ枯死木の一部が施設内に倒れてきた。屋根上の倒木は取り除いたが、他の枯死木は強風が吹くと施設に倒れかかる危険性があるので、どうしたらいいか」という内容でした。 別途、隣接している私有林で地権者が分かってい…続きを読む

<山林整備サポートとは>

山林所有者が高齢であったり、遠隔地に住んでいたりなどの理由で、山林の手入れができない場合に、所有者からの要請を受けて倒木の処理や間伐など、山の手入れを行うボランティア派遣の仕組みです。

山林整備ボランティア養成講座

ボランティア養成講座を受けて、箕面の山で楽しく活動しませんか!初めての方でもベテランの山林整備サポーターと一緒なので安心です。

養成講座を修了すると、山麓部の山林で、倒木の処理や間伐など、山の手入れを行うボランティアとして活躍することができます。

年2回 春と秋に開催します。詳しくは、山なみネットブログでご確認ください。