sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

ナラ枯れ被害防止

新着情報 記事一覧

2022年05月19日

箕面ビジターセンターで、「山笑う 山を学んでノルディックウォーキング」を開催しました。

5月15日の日曜日、ビジターセンター周辺をノルディックウォーキングで散策するイベント「山笑う 山を学んでノルディックウォーキング」を開催しました。当日は曇り空でしたが、みずみずしい新緑の中、5名の参加者とウォーキングを楽しみました。ウォーキングコースは、箕面川治水ダムの向かって右岸側道を歩き、清水谷園地入り口近くまで行き、そこから折り返して政の茶屋園地に戻るというコースです。まず、箕面ビジターセン…続きを読む

2022年05月18日

【みのお森の学校】17期 5/15 箕面観光ボランティアガイドさん編 「森と人とのいま・むかし 聖地をたずねて気分は巡礼」 

2021年度みのお森の学校第9回目講座が5月15日に行われました。 今回のテーマは、箕面の歴史と文化。講師は箕面観光ボランティアガイド「MVクラブ」のみなさんにお願いしました。 午前の講義は、「森と人とのいま・むかし」と題した座学。内容は、箕面の地質と地形に始まり、縄文時代から江戸時代までの箕面のおいたち、最後は地元ゆかりの忠臣蔵・萱野三平、カルピスの生みの親・三島海雲まで。 午後はフィールドワー…続きを読む

2022年05月16日

5月15日(日)午前にエキスポ記念の森にある「花の谷」で、特定外来生物ウシガエル駆除や環境整備などの活動を行いました。

エキスポ記念の森「花の谷」のビオトープでは、トノサマガエルやモリアオガエルなど貴重な生き物が生息していますが、特定外来生物であるウシガエルも生息していることから、駆除活動を2018年から実施しています。 ウシガエルは、口に入る大きさの動物であれば、何でも捕食することから、在来のカエルや水生昆虫にとっては天敵ともいえる厄介者です。 日ごろはアナゴカゴによる捕獲を継続していますが、この日は久々に明治の…続きを読む

2022年05月13日

箕面ビジターセンターで、「森の自然工作教室」を開催しました。次回は6月12日(日)開催。参加申込を受けつけています。

5月8日の日曜日、毎月第2日曜日の恒例イベントとなっている「森の自然工作教室」を開催しました。当日は天気もよく、さわやかな風の中にも初夏の香りが感じられる日となりました。箕面ビジターセンター周辺には、多くのハイカーや家族連れの観光客で賑わっていました。工作教室はゴールデンウイークあけの日曜日にもかかわらず、多くのお客さんが工作を楽しまれました。 検温・手洗い・消毒をし、マスクを着用して、それぞれ工…続きを読む

2022年05月12日

箕面でクマの目撃情報がありました。お近くにお住まいの方は、十分に注意してください!

2022年5月11日(水)午前9時に上止々呂美31番地(止々呂美駐在所)付近で、クマを目撃したとの情報が寄せられて以来、数日にわたって目撃情報が寄せられています。 箕面市によるとクマの目撃写真もあるとのことですので、止々呂美地区や箕面森町で出没しているのは間違いない情報とのことです。 詳しくは、下の箕面市のホームページをご参照ください。 クマの目撃情報~ご注意ください~/箕面市 (minoh.lg…続きを読む

箕面でも、一昨年の如意谷に続き、山麓部の粟生間谷/体験学習の森・粟生外院/善福寺ヶ原、如意谷/池の谷緑地、「名勝」箕面山である府営箕面公園内や止々呂美地区、また市街地にある箕面東公園でも「ナラ枯れ」被害が発見されました。 これ以上大量に被害が発生すると、手をつける事が困難な状況となってしまいます。
今なら早期に発見して対策を行うと、被害を最小限に食い止める事ができる可能性があります。早期発見は、行政だけでは困難です。多くの山林所有者や市民の皆さまのご協力をお願いします。

全国病虫獣害防除活動会長賞を受賞

平成27年度森林病虫獣害防除活動優良事例コンクールでNPO法人みのお山麓保全委員会「ナラ枯れ防止グループが全国病虫獣害防除活動会長賞を受賞しました。
表彰状
みのお山麓での「ナラ枯れ」被害防止活動報告はこちらをクリックしてください。