楽しむ 守る 活かす 育てる 学ぶ寄付のお願い

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

最新ブログ記事 ブログ記事一覧

2017年03月21日

箕面森町で、今年も箕面の山で自生するヤマザクラの植樹祭が行われました。

3月5日(日)午前10時から12家族45人が集まって、箕面森町自治会(自治会長岡崎統さん)主催の植樹祭が、森町自治会館の北にある里山で行われました。 この日は快晴で、植樹作業で少し汗ばむくらいの陽気な気温でした。午前10時に集合し挨拶の後、植樹方法などの説明があり作業を始めました。 植樹は参加者自らが穴を掘り、肥料まきや支柱の固定などを行いました。 お母さんとお子様で参加されたご家族は、少し力仕事…続きを読む

 

2017年03月21日

箕面川ダム周遊自然観察ツアー「みんなで春を見つけよう!」を開催しました

3月19日(日)、3月も終盤に入り、今日は“春のうらら”を感じさせる、穏やかで絶好の観察日よりとなりました。今年最初のダム周遊自然観察ツァーは“みんなで春を見つけよう!”をテーマに行われ、6名が参加されました。 12:30ツアー開始。簡単に自己紹介の後、自然研究路3号から箕面ダムに向かいました。   薄暗い地際に葉が放射状に広がるショウジョウバカマを発見、地に接した古い葉先から芽が出て発…続きを読む

 

2017年03月20日

春めく滝道、ふれあい広場で箕面の森の自然情報や文化・歴史などを発信するイベントが行われました。

ウグイスの初鳴きが聞こえ、カエデの新芽も赤く色づき、ようやく春到来の箕面の森。 駅から歩いて5分のところにある「森のふれあい広場」。 日ごろは箕面の山パトロール隊が、土日祝に自然情報の案内などを行っていますが、3月17日(土)には、箕面FMタッキー816の公開生放送が行われました。 生放送では、箕面市営業課の中川ひろみさんから箕面の森の観光情報、続いて箕面ビジターセンターの長井正樹さんからは箕面の…続きを読む

 

2017年03月17日

明治の森箕面国定公園の「自然研究路2号線」、本日(3/17)通行止めが解除されました。

長らく通行止めになっていた自然研究路2号線(百年橋から自然研究路3号線分岐)が開通したとの連絡が、大阪府北部農と緑の総合事務所からありました。 この場所は、歩道上部斜面に落石の危険性がある亀裂が入った岩塊や浮石が、各所に見られるなどの理由で通行止めになっていましたが、工事が完了したとのことです。 ただし、ハイキング道では、地盤の緩み、小規模な崩落、倒木などの被害が発生する場合があります。 ハイキン…続きを読む

 

2017年03月15日

3月12日(日)、林野庁の森林ふれあい推進事業として、共催での特別企画 「みのお森のセラピー」がおこなわれました。

3月12日(日)、林野庁の森林ふれあい推進事業として、共催での特別企画 「みのお森のセラピー」がおこなわれました。 桜の宮の森林管理局を出たバスは箕面駅を経由して、自然休養林勝尾寺園地に到着します。 森のセラピーアシスター(ガイド)の出迎えを受け、さっそくコンディションチェックの測定をおこないます。 今回は8名のご参加、面談を終えると2班に分かれてヒノキの森へと出かけます。途中、ストレッチをしたり…続きを読む

 

トピックス

大阪府箕面に広がる美しい山なみ、この山なみをみんなで守り生かしていきましょう。
このページは山を保全し活用する計画や活動を皆さんと進めていく場として、NPOみのお山麓保全委員会が運営しています。