楽しむ 守る 活かす 育てる 学ぶ寄付のお願い

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

最新ブログ記事 ブログ記事一覧

2018年11月15日

箕面ビジターセンターでダム湖周遊自然観察ツアー「アカシデの紅葉を楽しもう!」を開催しました

11月11日、箕面川ダム周遊コースで自然観察会を開催しました。参加者は子ども2名を含む10名。穏やかな晴天に恵まれ、快適なハイキングとなりました。 軽いストレッチの後、自然観察路3号線経由でダム堰堤西詰へ。途中、関西では珍しいホソバタブやシカの食害を受けないマツカゼソウの群落を観察。ダム上では、冬の木と書くヒイラギ(柊)の花を見ました。葉っぱに棘のあるイメージですが、無い葉もありました。 長谷橋ま…続きを読む

 

2018年11月14日

11月11日(日)みのお 山とみどりのフェスティバル「生物多様性研究フォーラム」人と自然が寄り添った災害対応をテーマとして行いました

人と自然の共生のために・・・今回は大きな自然災害を受けた箕面の山を対象として、「災害に強い森づくりのために市民として何が出来るか」をテーマとして研究フォーラムを行いました。 ※主催:箕面市・NPO法人みのお山麓保全委員会、後援;明治の森箕面自然休養林管理運営協議会 13:30~15:45の時間で、箕面文化・交流センター多目的室で行いました。難しいテーマでしたが、自然災害に対しての関心が高く、42名…続きを読む

 

2018年11月12日

毎月第2日曜日は自然工作教室の日!ビジターセンターで自然工作教室を開催しました

11月の第2日曜日は、晴れ渡った行楽日和。ビジターセンターにもたくさんのハイカーさんが訪れていました。ダム口のイロハモミジ、3号線入口のイロハモミジや、川筋のトサミズキ、アブラチャンの黄葉、アカメガシワの黄葉は今が見ごろです。 毎月恒例の工作教室には、大人5名、子ども10名の参加がありました。3歳の小さな子も参加され、大人も子どもも、熱心に作品作りをされていました。来月は12月ということで、クリス…続きを読む

 

2018年11月11日

箕面ビジターセンターでイベント「ドングリや木の実を探そう!」を開催しました!

11月10日、木の実を使って遊んだり、観察をしたりするイベント「ドングリや木の実を探そう!」行いました。当日は穏やかな秋日和でビジターセンターの周りも木々が色づきだした中、2家族8人の参加でした。 ドングリや殻斗を使ってけん玉を作ったり、ドングリのコマや笛で遊びました。けん玉は少し難しい様子でしたがコツとつかんだお子さんが成功させると皆から拍手をもらい得意顔に。 少し水を入れたペットボトルにムクロ…続きを読む

 

2018年11月11日

箕面ビジターセンターで「ワクワク!親子で楽しむ森遊び~ネイチャーゲーム」を開催しました!

11月4日(日)、ビジターセンターの政の茶屋園地で、新企画で第1回目となる「ワクワク!親子で楽しむ森遊び~ネイチャーゲーム」を行いました。園地や周りの山の木々も色づき、絶好の森遊び日和になりました。 大人2名の参加で、途中から親子4名のご家族も加わりました。 どんぐりを使ったじゃんけんゲームで気持ちがほぐれたところで、まずは「森の福笑い」。周りを見渡して、顔に見えるものに目玉を2個つけていくと、あ…続きを読む

 

トピックス

大阪府箕面に広がる美しい山なみ、この山なみをみんなで守り生かしていきましょう。
このページは山を保全し活用する計画や活動を皆さんと進めていく場として、NPOみのお山麓保全委員会が運営しています。