sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

子ども向け自然観察会「アリジゴクの不思議発見」を開催しました

7月2日(日)、今年2回目の「アリジゴクの不思議発見」のイベントを開催しました。気温は26°で晴れたり曇ったりの天気でしたが蒸し暑い日でしたが、家族連れ4組(大人7人、子供6人)が参加されました。 まず講義室で、「アリジゴクはどんなもの?」「どんなところにいるの?」「巣はどんな形?」「どんな生活をしているの?」「成長したら何になるの?」といったお話を聞いてもらいしました。アリジゴクのパネルの絵を見…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター

タグ:,, , , ,

投稿者:Kondo

投稿日:2017年07月05日

自然観察会「アリジゴクの不思議」を開催しました。次回は、7月2日(日)です。(事前予約が必要)

6月4日、箕面ビジターセンターにて、アリジゴクの観察会をしました。爽やかな初夏の快晴のもと、子ども10名、大人10名が参加されました。 まず最初に、講義室の中で大きな図や標本を見ながら、これから見るアリジゴクについての学習をしました。 いよいよビジターセンター事務所の周辺で、アリジゴク探しです。子どもたちも踏まないようにじっくり巣を探しました。アリジゴクは砂地で雨の当たらない場所にすり鉢上の巣を作…続きを読む

5月28日、樹木観察と名札付けツアーを開催しました

参加者の手でビジターセンター周辺の樹木に名前のプレートをつける、というユニークな自然観察ツアーを開催しました。 当日の朝、ビジターセンター上空を覆っていた薄い雲も徐々に去り、開始前頃には新緑が眩しいほどの青空が広がる中、大人4名、子ども1名の参加者が集まりました。自己紹介をかねたアイスブレークの後、簡単な準備体操をしてツアーに出発しました。 名前のプレートをつけるために「まず樹のことを知ろう」とい…続きを読む

箕面川ダム周遊ツアー「新緑から深森の森を楽しもう!」を開催しました

ゴールデンウィーク最終日にあたる5月7日(日)に、「新緑から深森の森を楽しもう!」と題して、箕面川ダム周辺自然観察ツアーが催されました。さわやかな青空と薫風の中、5名の参加者を迎え、身体をほぐし、いざ出発です。 オオルリ、アオゲラ、センダイムシクイたちが得意の囀りで歓迎してくれています。春から初夏にかけてのこの時期は、ツツジやアケビの仲間が花盛り。アケビ、ミツバアケビ、ムベの3種を見比べることもで…続きを読む

政の茶屋園地内での携帯コンロの使用について

明治の森箕面国定公園内にある大阪府「政の茶屋園地」内では、敷地内での火器の使用を禁止としていますが、炊事棟内に限って、下記のとおり携帯コンロをご利用いただけることとなりましたのでお知らせします。   1、使用場所・・・政の茶屋園地炊事棟(調理台の上に限る)   2、使用可能日及び時間帯・・・箕面ビジターセンター開館日(11:00から15:00まで)   3、使用可能な…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,箕面ビジターセンター

タグ:,,

投稿者:iinkai

投稿日:2012年12月01日

箕面ビジターセンターだより4・5・6月号発行しました

箕面ビジターセンターは、政の茶屋園地内に、もみじ広場・駐車場・トイレ棟などとともに、展示室、講義室(図書室)、事務所棟が整備されており、明治の森箕面国定公園の施設利用の案内や自然情報などの提供を行っています。 4月、箕面山の斜面では、エドヒガンやヤマザクラがみごろとなり、山道でもいろいろなスミレの花が咲き始めます。 箕面ビジターセンター前の野草園では、カタクリの花が見ごろとなり、エビネも開花するこ…続きを読む

キクサギイチゲ