sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

自然景観との調和や森林生態系の保全など、自然公園である箕面公園ならではの復旧工事が順調に行われています。

昨年10月、台風被害で発生した斜面の崩落などによる滝道の通行止め。現在、滝道対岸の散策路を通って箕面大滝まで歩けますが、足の弱い方にはたいへんです。 今秋の紅葉シーズン(10月末)の開通をめざして、自然景観と調和したのり面の安定・強化を前提として、森林生態系や生物多様性に配慮するなど、自然公園である箕面公園ならではの復興が行われています。 下の写真は、ドローンで写したのり面の様子(8月3日) のり…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,箕面ビジターセンター

タグ:,

投稿者:sanroku

投稿日:2018年08月10日

特定外来生物に指定されたクビアカツヤカミキリが、大阪市内でも発見されました。バラ科のサクラ、ウメ、モモ、カキなどの樹木の被害が拡大する恐れがありますので注意してください。

クビアカツヤカミキリは2012年に愛知県で発見され、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、大阪府、徳島県でも確認され、大阪府でも、大阪狭山市、堺市、富田林市、羽曳野市、河内長野市、河南町で確認されていましたが、大阪市内での公園でも、6月に確認されました。 写真引用:大阪府立環境農林水産総合研究所 8月8日朝日新聞の夕刊に「外来カミキリ 厳戒」というタイトルで掲載されました。 また、2018年1月にクビア…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2018年08月09日

8月7日クマと思われる動物の目撃情報について

8月7日(火)午前、ジョギングされている方から、箕面大滝東側の雲隣展望台付近でクマを目撃したとの通報が駅前交番にありました。その他、箕面警察にも通報があったとのことで、広く、市民・安全情報として拡散されました。 箕面市は通報を受けて、環境動物室の職員と箕面市猟友会の方が雲隣展望台や「こもれびの森」に直行し、クマの足跡や糞、爪痕などの痕跡がないかの調査を行いました。 結果、シカやイノシシの足跡はあり…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,箕面ビジターセンター

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:

箕面の森が冒険の舞台に!謎解き探検ツアー ~森に伝わる 伝説の秘宝を守れ!~を開催します!

参加者の皆さんが自らの足でヒントを探しながらストーリーを進めていく、謎解き探検イベントを開催します。冒険の地図を見ながら森の中へ・・・今年のミッションはみんなの宝物を守ること。 この森に古くから伝わる宝物。 暮らしている動物たちはみんなその存在を知っていて、大切にしています。 ある日、何者かから「その宝を壊す」という予告がまいこんできました。 宝物に、爆発物のような何かが仕掛けられているわけでもな…続きを読む

ビジターセンターでイベント「箕面のキノコを探そう」を開催しました

街なかより涼しい(この日の最高気温は29℃)ビジターセンターですが、キノコ観察会を開催しました。今回は解説員の他、阪神キノコ研究会の磯部講師、間講師をお招きしてのイベントです。連日の猛暑日で参加者の集まりを心配しましたが、10名の方に参加いただきました。 お天気続きのためキノコが見つかるか心配でしたが、自然研究路3号線と政の茶屋園地を歩きキノコの採集と観察を行いました。やはり乾燥した地面はカラカラ…続きを読む

7月29日(日)箕面ビジターセンターは開館しています。府営箕面公園を含めて大きな被害はなかった模様です

台風12号に伴う影響で、箕面の山の被害が心配されましたが、幸い大きな被害はなかった模様です。 府営箕面公園では、一の橋から桜広場に向かう山道で、倒木があり、7月29日午前現在、通行止めになっていますが、大きな倒木ではないようで、短期に復旧できるでしょう。箕面大滝に向かう散策路(山道、滝を背にして左岸)の通行も可能です。 箕面ビジターセンターをはじめ、府営箕面公園、及び箕面公園昆虫館も通常通り開館し…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,箕面ビジターセンター

タグ:

投稿者:yamanami

投稿日:

夏でも涼しい箕面ビジターセンターにお越しください!夏休み期間中、平日でも自然解説委員が常駐しています。

箕面ビジターセンターの気温は、7/23(月)・25(水)・26(木)、ともに最高気温29℃、最低気温23℃と、街なかよりずいぶん涼しく快適です。 箕面ビジターセンターの展示室では、植物や生き物など、季節の自然情報をご案内しています。入室無料ですので、お気軽にお立ちよりください。 川沿いを歩くと、涼しい風がこころよく、今、オオキツネノカミソリが見ごろです。 箕面ビジターセンターでは、これから夏休み期…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2018年07月25日

サクラなどの樹木に被害を与えるクビアカツヤカミキリが特定外来生物に指定されました。クビアカツヤカミキリの成虫や樹木からのフラス(木クズ)を発見したら、通報してください!

昨日、明治の森箕面自然休養林管理運営委員会の分科会があり、環境省近畿地方環境事務所野生生物課の職員の方から、外来種被害防止行動計画についての説明をしていただきました。 その中で、クビアカツヤカミキリが、特定外来生物に指定された事、及び大阪府南部で被害が発生しているとの報告を受けました。 クビアカツヤカミキリは、幼虫がサクラやウメ、モモ、スモモ、カキなどの樹木の中に入り込み、木の内部を食い荒らしてし…続きを読む

箕面川ダム周遊自然観察ツアー「涼風に吹かれて歩こう!」を開催しました

7月15日、自然観察ツアーを開催しました。管理棟前に集合し、挨拶と自己紹介をしてツアーに出発しました。外気温はすでに30℃を超えていました。 3号線よりダム堰堤に向かう途中で斜面上方にキノコらしきものを発見、なんだろう? トキイロヒラタケでした。 堰堤を歩きながらクチナシの花の匂いを深呼吸で楽しみました。また堰堤両側はアベリアの花が満開でした。 1羽のホオジロがフェンスにとまって精一杯の声で鳴きつ…続きを読む

西日本豪雨時における箕面川ダムの水位について

6月28日以降、西日本を中心に広い範囲で記録的な豪雨となり、各地で大きな被害が発生しました。6月28日から7月8日までの総降水量は、近畿でも600ミリを超える豪雨となり、能勢では降り始めからの総雨量が498.5ミリを記録したとのことです。 箕面市では、幸いにも今回は大きな被害はありませんでしたが、たびたび水害に苦しめられてきた歴史があります。 昭和26年(1951年)の水害では、箕面町警察署長の合…続きを読む