sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

箕面ビジターセンターでキノコの観察会を行いました。次回は9月25日(日)です。

7月24日(日)箕面ビジターセンターで「箕面のキノコを探そう!」の観察会を行いました。参加者は、スタッフを含めて26名でした。 この日は好天に恵まれ、講義室に集まって挨拶をした後、阪神キノコ研究会の講師2名がリーダーになって、箕面ビジターセンター近くの自然研究路をゆっくり歩きながら、キノコを探しました。自然研究路4号線を歩き、園地に戻り、3号線にも行きました。   晴天が続いたので心配しましたが、…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年07月27日

箕面の山中で「ヒラズゲンセイ」を発見!

7月10日、ツチハンミョウ科の甲虫である「ヒラズゲンセイ(Cissites cephalotes)」が、箕面ビジターセンター近くで発見されました。 昨年は、箕面の街なかでも発見されています。珍しい昆虫ですが、近年、箕面では毎年発見されており、温暖化の影響か、「生息域の北上」が顕著になっているようです。 真っ赤で鮮やかな色彩が美しい甲虫ですが、クマバチの巣に寄生する昆虫であり、体液にはカンタリジンが…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年07月11日

7月3日、箕面ビジターセンターで「アリジゴクの不思議発見」の観察会を行いました。

先月に続き2回目の「アリジゴクの不思議発見」の観察会、今回は定員(15名)をオーバーする22名の参加者でした。(大人10人子ども12人) 最初に、ビジターセンターの事務所の周りで、アリジゴクの巣をみんなで探しました。 子どもたちは初め、すり鉢型の穴を見ても何の穴かわからないようです。 ところがアリが足を滑らせてもがき、穴の底が動きだすころには、目を凝らして言葉が止まります。アリとアリジゴクが格闘を…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,自然学習・山麓学習,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年07月07日

里山の環境変化と鑑賞のための採取などにより減少した箕面市の花「ササユリ」

昭和44年に、箕面市のシンボルとなる木と花として、市の木には「イロハモミジ」、市の花には「ササユリ」が市民の投票により制定されました。 このササユリ、昔は、箕面の山では普通に見られたそうですが、今は、ほとんど姿を消しています。 昭和40年代くらいまで、薪炭林や下草の利用などで人の手が加わり、多様な生態系が保たれていた里山では、ササユリは普通に見られた植物でした。 落ち葉による堆肥が化学肥料に変わり…続きを読む

カテゴリ:生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年06月09日

箕面ビジターセンターで、インターナショナルスクールの「生物多様性」についての校外学習に協力しました。

箕面市小野原にある関西学院大阪インターナショナルスクールでは、5月から6月にかけて「生物多様性」についての学習をされています。 今年もNPO法人みのお山麓保全委員会事務局に要請があり、箕面ビジターセンターの自然解説員2名と事務局、自然工作教室のボランティアスタッフ5名の計8名で、インターナショナルスクールの校外学習のお手伝いをさせていただきました。 日ごろ自然にふれあうことが少ない生徒もいるので、…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,自然学習・山麓学習,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年05月30日

6月度の有害鳥獣の駆除のお知らせ

大阪府猟友会箕面支部が下記の地区で有害鳥獣の駆除を予定しています。 ハイキング道から外れないように注意してください。 いずれも午前8時から午後5時まで。(雨天の場合は中止) 1.止々呂美・森町地区 平成28年6月5日(日)12日(木)19日(日)26日(日) 2.白島・外院・粟生外院地区 平成28年6月1日(水)15日(水)22日(水) 3.クリーンセンター裏山周辺 平成28年6月8日(水) 問い…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年05月25日

箕面ビジターセンターで森林環境教育の指導者研修に協力しました。

5月12日、近畿中国森林管理局から、森林環境教育の実践のための指導者養成について、協力要請があり、箕面ビジターセンター近くの箕面川で、「川の中の生き物」の自然観察会の事例を紹介しました。 三重県から山口県まで10地域の森林管理署、計10名の方が参加しました。 自然観察会のストーリー作りや準備する用品、注意点など、実践で使えるようにお伝えしました。 水温は14度と低かったのですが、多くの生き物を観察…続きを読む

カテゴリ:事務局だより,箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年05月23日

鉢伏山に設置した植生保護ネット(小規模なパッチディフェンス)内で、ヤマツツジが咲いています!

下の写真は、3月24日に鉢伏山の鉄塔下付近に設置したシカによる食害から守るためのネット内の写真です。ヤマツツジが咲いています。 このヤマツツジ、シカの食害で矮小化してしまっていますが、元気に花を咲かせています。今後の再生が期待できます。楽しみですね。 ※5月10日、近畿中国森林管理局/箕面森林ふれあい推進センター所長が巡回時に撮られた写真です。 このあたりは、昔はササ原でしたが、今では裸地化して土…続きを読む

カテゴリ:生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会,シカによる食害防止

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年05月10日

4月24日(日)箕面ビジターセンターで「川の中の生き物の観察会」を行いました。次は、夏休みの8月11日(祝)28日(日)です。

毎年、夏休みに行っている川の中の生き物の観察会ですが、カゲロウやトビケラなどの成虫が飛び交っている4月に、夏とは違う水生昆虫の様子を観察するためにこの時期に行いました。 いい天気でしたが、水温は11℃~13℃と低く、冷たかったのですが、元気に川の中に入り、生き物を探しました。 探した生き物は、いったんトレイに入れて、分類しました。 カワゲラが16匹、カゲロウが19匹、ヨコエビ25匹の他、トビケラ、…続きを読む

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年05月01日

5月度の有害鳥獣の駆除のお知らせ

大阪府猟友会箕面支部が下記の地区で有害鳥獣の駆除を予定しています。 ハイキング道から外れないように注意してください。 いずれも午前8時から午後5時まで。(雨天の場合は中止) 1)止々呂美・森町地区 平成28年5月1日(日)、5日(木)、8日(日)、22日(日) 2)白島・外院・粟生外院地区 平成28年5月11日(水)25日(水) 3)クリーンセンター裏山周辺 平成28年5月15日(日)、29日(日…続きを読む

カテゴリ:森の安心安全情報,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年04月26日