sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

ビジターセンターで「しぜん大好き!楽しい森遊び!春の森の宝さがし」を実施しました

桜が一斉に咲きだして、お花見日和でしたが、大阪市内から2名が参加してくださいました。4年生の男の子がおばあちゃまと勝尾寺バス停から歩いてのご来園。 まずは大きな絵合わせパズルから。 最後には4つの動物が出来上がりましたが、中には苦戦した難しい動物もありました。始めは緊張していたお子さんも、どんどん打ち解けて楽しんでくれました。 そしていよいよ、「春になったらあけてください」の絵本の読み聞かせです。…続きを読む

薩摩池東の「とんど山桜園」、4月6日に満開の桜の下で「めんぎょ」が行われました。もうしばらく花見を楽しめるでしょう。

「めんぎょ」は免業・無縁経がなまったものと言われており、昭和30年代ごろまで箕面各地で行われていた春の行事です。子供が中心の行事で、この日は学校も休みだったそうです。 家族そろって、メンギョ山に弁当をもって、春の野で遊んだ地域の行事を、地元の白島や石丸の自治会や市民団体が実行委員会を作って復活させています。 ※公益信託みのお山麓保全ファンドの助成を受けた里山とのふれあいの活動です。 2002年の1…続きを読む

カテゴリ:イベント情報,みのお山麓保全ファンド助成事業

タグ:

投稿者:yamanami

投稿日:2019年04月07日

ビジターセンターで自然観察ツアー「みんなで春を見つけよう!」を開催しました

桜の便りがあちこちから届くころ、3月17日の日曜日に春の自然観察ツアー「みんなで春を見つけよう!」を開催しました。あいにくの雨と少し肌寒い日にもかかわらず、熱心な参加者があり、小雨のなか出発しました。 自然研究路3号からダムへ向かいました。入口のカンヒザクラは三分咲きで、ピンク色の上品な花を付けていました。雨でキノコも多く出ています。エゴノキの枯れ木にカワラタケやゼラチン質の丸いタマキクラゲがびっ…続きを読む

第2日曜日は自然工作の日!ビジターセンターで自然工作教室を開催しました

毎月人気のイベントとなっている自然工作教室。3月も10日に開催することができました。当日は雨で、ハイキングなどでビジターセンターを訪れる方は少なかったのですが、工作教室は室内で楽しめるということもあって、多方面より大人9人、子供13人、計22人の方が参加されました。 たくさんの自然素材の中から、自由に材料を選び、イメージをふくらませながらかたちにしていきます。皆さん夢中で取り組まれ、個性的で楽しい…続きを読む

ビジターセンターで「しぜん大好き!楽しい森遊び!春の目ざめにごあいさつ」を開催しました

3月3のひなまつり、午後から雨の予報で開催が危ぶまれましたが、「しぜん大好き!楽しい森遊び!春の目ざめにごあいさつ」を実施しました。 自然が大好きな2家族計6名が参加され、春の訪れとともに少しずつ動き出した森の仲間たちとの出会いを楽しみました。 簡単なゲームでみんなの気持ちがほぐれたところで、まずはヒントで動物あてクイズです。 「私は赤ちゃんで生まれます」「森の中に住んでいます」「木に登ることがで…続きを読む

ビジターセンターで「冬越しの昆虫を見つけよう!」を開催しました

少しずつ春の足音が聞こえてくるような、やわらかな日差しが感じられる良い観察日よりとなりました。ビジターセンターの冬の恒例イベント、「冬越しの昆虫を見つけよう!」の観察会を2月17日(日)に実施しました。昆虫好きの子供達と家族21名が集いました。 昆虫はどんな所で、どのように冬をすごしている? 昆虫は決められた姿(卵、幼虫、さなぎ、成虫)で冬を越す・・・など説明を聴いた後、いよいよ昆虫探しに園地周辺…続きを読む

第2日曜日は自然工作の日!ビジターセンターで工作教室を開催しました

2月10日、今月も毎月恒例の工作教室を開催しました。当日は風も冷たく、寒い1日でしたが、フクジュソウやセツブンソウの花が見ごろとなり、セリバオウレンやユキワリソウが咲き始め、ビジターセンターでは、少しずつ花咲く春の気配を感じることができるころとなりました。 工作教室に初めてのご参加される方や、遠方にお住まいの方、受付に子どもたちが駆け寄ってくれるリピーターさんまで、子ども18名、大人10名、合計2…続きを読む

2月2日、「生きもの会議(箕面生物多様性会議)」による「外来魚調査駆除活動報告会」が行われました。

2月2日に、43人と多くの方に参加していただき、2018年度の「みのお山麓保全ファンド」助成事業である「生きもの会議」による「外来魚調査駆除活動報告会」が行われました。 ※2018年度は20団体の助成が採用され、多彩な活動を行っています。 ※2019年度の助成申請の受付は2月28日までです。 公益信託「みのお山麓保」の活動助成を受け付け(←コチラ) 最初に、外来魚の現状や対策に詳しい琵琶湖博物館の…続きを読む

カテゴリ:イベント情報,生き物の多様性保全,みのお山麓保全ファンド助成事業

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年02月06日

2月2日(土)、箕面文化交流センターで、才ヶ原池の「外来魚調査駆除活動報告会」が行われます。ぜひ多くの皆さまのご出席をお願いします!

みなさん、才ヶ原池をご存知でしょうか? いろいろな生きものが棲んでいる、山の中の美しい池です。 しかし、調べてみると、ブルーギルやブラックバス、ウシガエルなど、「特定外来生物」がいっぱいです。 外来魚の現状や対策に詳しい琵琶湖博物館の中井克樹さんや長年観察してきた皆さんのお話をお聞きして、どのようにしたらいいのか、いっしょに考えてみませんか! 日 時:2019年(平成31年)2月2日(土) 14:…続きを読む

カテゴリ:イベント情報,生き物の多様性保全,みのお山麓保全ファンド助成事業

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年02月01日

花とみどりあふれる箕面の街をつくるための「花とみどりの学校」が受講生を募集しています。

みのお山麓保全委員会は、毎年11月3日に、箕面の山と街のみどりを守り、育て、活かすために、街なかのみどりのグループとも協力して「山とみどりのフェスティバル」を行っています。 2月23日(土)から、街やご家庭でのみどりを対象とした「花とみどりの学校」が始まります。 定員に達しましたので、受付は終了させていただきます。(1/31) ☆第3期「箕面・花とみどりの学校」生徒さん募集 ■日時:2月~7月の月…続きを読む

カテゴリ:イベント情報,その他

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2019年01月28日