sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

ビジターセンターで、ワクワク!親子で楽しむ森遊び~ネイチャーゲーム「冬の森の宝さがし 何があるかな?」を開催しました。

16日の日曜日、政の茶屋園地で「ワクワク!親子で楽しむ森遊び~ネイチャーゲーム」第2回目を行いました。この日のテーマは「冬の森の宝さがし 何があるかな?」。ご家族4名と、途中から大人2名が参加されました。

まずは動物カードゲームと、ドングリじゃんけんでスタート。気持ちがほぐれ、初対面のリーダーと皆さんが一気に打ち解けました。

いよいよネイチャーゲームスタートです。リーダーがある動物のヒントを次々に言っていき、わかった時点で声を出さず、人差し指で鼻を押さえます。「私は4本の足で歩きます」「私は森にいます」・・・。勘違いしても大丈夫、全員が指を鼻にあてたところで答え合わせです。今日は「クマ」と「リス」。ヒントを聞きながら自然に動物の特徴や生態を知ってもらえたと思います。

次はリスが、冬の間の食料として木の実を地面などに貯食する習性を利用したゲーム。自分の生息地に10個のドングリを隠して、お互いに相手が隠したドングリを探します。探すときに隠した場所が変わってしまったり、隠した人が隠した場所を忘れてしまったり。見つけきれなかったドングリはどうなるのかを考えました。

そして森の中に置かれた人工物を探すゲーム。リーダーが指定した隠れているものを、探しに行きます。見つかりにくかったのは茶色いひも、緑色のカエルのおもちゃ、10円玉でした。絵本を見ながら、保護色、擬態などカモフラージュしている生き物の知恵を楽しく学びました。


最後に、6本の枝で、イーゼルを作りました。枝を組み合わせるのに苦労しましたが、葉っぱや木の実を飾り、素敵な作品になりました。

次回は3月3日(日)「春のめざめにごあいさつ」です。楽しみながらも気づきや学びがあるプログラムをご用意して、お待ちしております。ご一緒に森遊びを楽しみましょう。

他にもビジターセンターでは、楽しいイベントを企画しています!ぜひご参加ください。詳細チラシはクリックすると拡大します。

■森の自然工作教室■1月13日(日)12:30~15:00

カテゴリ:イベント情報,箕面ビジターセンター

タグ:,, , ,

投稿者:Kondo

投稿日:2018年12月24日 00時間38分44秒