sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

箕面ビジターセンターでダム湖周遊自然観察ツアー「アカシデの紅葉を楽しもう!」を開催しました

11月11日、箕面川ダム周遊コースで自然観察会を開催しました。参加者は子ども2名を含む10名。穏やかな晴天に恵まれ、快適なハイキングとなりました。

軽いストレッチの後、自然観察路3号線経由でダム堰堤西詰へ。途中、関西では珍しいホソバタブやシカの食害を受けないマツカゼソウの群落を観察。ダム上では、冬の木と書くヒイラギ(柊)の花を見ました。葉っぱに棘のあるイメージですが、無い葉もありました。

長谷橋までの府道からは、ダム湖の湖面に浮かぶオオバンとカルガモを遠望し、ジョウビタキの鳴声も確認できました。長谷橋から箕面林道に入ると、ダムの堰堤を背景に色付いたモミジやダンコウバイの黄色に色付いた葉を見ながら、陽だまりの遊歩となります。

自然解説員からエゴマ、サンショウの香や、アカマツとクロマツを見分ける方法の解説があり、手に触れる松葉の感触が違うことを実感。箕面林道の途中から対岸の斜面に本日の目的であるアカシデ群落の紅葉が美しく眺められ、期待が盛り上がります。

1コース折返し点のかおり橋に到着。ダム湖東岸道路脇の遊歩道を進み、トンネル西側湖岸で青空を背景に黄色~オレンジに染まったアカシデの群落を鑑賞しました。

ダム堰堤を渡ってもと来た道を下り、予定通り15:00に芝生広場で解散。本日は、視覚、聴覚、嗅覚、味覚を総動員して箕面の秋を体感したツアーとなりました。

紅葉の季節、箕面ビジターセンターでは、たくさんのイベントを開催します!ぜひご参加ください!
※チラシをクリックすると拡大します。
■11月18日 標本で楽しむ箕面の植物

■11月25日 森の自然工作教室「クリスマス飾りを作ろう!」
■森林で不思議体験 森の中で遊ぼう! 
■お正月飾りを作ろう!
■ワクワク!親子で楽しむ森遊び~ネイチャーゲーム