sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

ビジターセンター山野草園では、春の妖精たちがにぎやかです

ビジターセンターは3月を目の前に春の到来です。山野草園に「春の妖精(スプリングエフェメラル)」と呼ばれる早春の花がたくさん咲き始めました。

3月に入るといっても、まだまだ寒いのに…そう思われる方も多いと思いますが、木々が芽吹く前のこの時期は森の中の地面にも、たっぷりと太陽光が降り注ぎます。つまり地面が木陰になる前に花を咲かせて次世代を残す戦略です。確かにこの時期、地面にしゃがんで花を観察したり写真を撮っていると、太陽が出ていれば背中がポカポカしてきます。皆さんも優しい早春のお日さまを感じに、ビジターセンターに出かけてみませんか?

セリバオウレン

小さな花もかわいらしいですが、名前の由来になっているセリのような葉も特徴的。

ウスギオウレン

セリバオウレンに似ていますが、名前のとおり、薄い黄色の花をつけます

セツブンソウ

紫色の雄しべと、丸く取り囲む黄色の点(花弁が変化した蜜腺だそうです)がきれいです。

フクジュソウ

太陽を映しだしているような、輝く黄色の花弁は見ているだけで暖かく感じます。

ミスミソウ

まだつぼみですが、間もなく咲きそうですね。雪割草とも呼ばれることがあり、純白の花が可憐です。

※写真はすべて2月26日に撮影したものです。

 

3月もビジターセンターの「今」の魅力を満喫できるイベント開催します♪ご家族と、お友達とぜひご参加ください。

◆箕面川ダム周遊自然観察ツアー みんなで春を見つけよう!
日時:3月19日(日)12:30~15:00ごろ
集合:箕面ビジターセンター案内所前
参加費:100円/1人(保険料など)
申し込み:当日受付 先着15名

◆森の自然工作教室
木の実や小枝などの自然素材を使って工作を楽しみましょう!
日時:3月12日(日)12:30~15:00
※少雨決行(警報発表時は中止)
※箕面ビジターセンターにて、12時ごろから受付します
場所:箕面ビジターセンターの講義室
参加費:1作品につき100円(材料、保険料など)です。
実施協力:一休さんの自然工作教室

カテゴリ:イベント情報,箕面ビジターセンター

タグ:

投稿者:Kondo

投稿日:2017年02月28日 17時間01分23秒