sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

箕面ビジターセンターでキノコの観察会を行いました。次回は9月25日(日)です。

7月24日(日)箕面ビジターセンターで「箕面のキノコを探そう!」の観察会を行いました。参加者は、スタッフを含めて26名でした。

観察1

この日は好天に恵まれ、講義室に集まって挨拶をした後、阪神キノコ研究会の講師2名がリーダーになって、箕面ビジターセンター近くの自然研究路をゆっくり歩きながら、キノコを探しました。自然研究路4号線を歩き、園地に戻り、3号線にも行きました。

観察2

きのこ観察3

キノコ2

 

晴天が続いたので心配しましたが、多くの参加者の目で見ると、予想より多くのキノコを観察することができました。

14時に講義室に戻って、採集したキノコの同定(観察)会をしました。

同定の様子1 同定の様子2

分かったものだけで17種のキノコを観察することができました。

オオキツネタケ、アカヤマドリ、シロハツモドキ、アイタケ、チチタケ、アシグロタケ、ビョウタケ、ヒヒクチタケ、ツチカブリ、ニセクロハツ、イロガワリ、キイロアセタケ、ベニタケの仲間、テングタケの仲間、イグチの仲間、ニセショウロの仲間、それにカエンタケも発見しました。

チチタケ ニセクロハツ

カエンタケは、一昨年から箕面でも発見されています。猛毒のキノコです。見つけても絶対に触らないでください。

カエンタケ1 カエンタケ2

参加者の一人が、珍しい冬虫夏草を持って来てくれました。

スズメバチに寄生しているハチタケです。よく見るとキノコが生えています。

ハチタケ

次回、「箕面のキノコを探そう」の観察会は、9月25日(日)12時30分からです。

夏でも涼しい箕面ビジターセンターにお立ち寄りください。

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年07月27日 19時間10分11秒