sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

7月3日、箕面ビジターセンターで「アリジゴクの不思議発見」の観察会を行いました。

先月に続き2回目の「アリジゴクの不思議発見」の観察会、今回は定員(15名)をオーバーする22名の参加者でした。(大人10人子ども12人)

最初

最初に、ビジターセンターの事務所の周りで、アリジゴクの巣をみんなで探しました。

アリジゴクの穴

IMG_0254

子どもたちは初め、すり鉢型の穴を見ても何の穴かわからないようです。

IMG_0257

みんなで探す

ところがアリが足を滑らせてもがき、穴の底が動きだすころには、目を凝らして言葉が止まります。アリとアリジゴクが格闘を始めると目がテンになります。

穴を探す

それからミニルアーでアリジゴク釣りにチャレンジします、初めはうまくいきませんが、釣れたときは大きな歓声とともに満面の笑みがこぼれます。

釣り (2)

釣り

次にアリジゴクを拡大鏡でのぞき、大きなアゴが獲物をつかまえたり穴を掘るシャベルの役目をしたり、体に生えている毛が、センサーの役目をすることを学びます。

又、大きくなるとウスバカゲロウになる話は標本を不思議そうに眺め、なかなか信じられないようでした。

説明

図鑑や写真で知ることも大切ですが、実際に観察してみると、又違った感激が得られます。箕面ビジターセンターでは、子どもたちが自然や身近な生き物にふれあって、たくさんの感激を育てていただけるようにと思って自然観察会を行っています。

「アリジゴクの不思議発見」の観察会、好評だったので、秋にも行う予定(10月16日(日))です。正式に決まりましたら告知しますのでお楽しみに♪

カテゴリ:箕面ビジターセンター,自然学習・山麓学習,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年07月07日 11時間12分17秒