sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

箕面ビジターセンターの講義室で、12月21日(月)まで、大阪府の山地災害・治山事業の展示をしています。

大阪府の集中豪雨(1時間降水量50mm以上)の発生頻度は、昭和39年から62年までは年平均2.7回でしたが、昭和63年以降は、年平均6.5回と飛躍的(2.4倍)に増加しており、土砂災害など自然災害の発生リスクが増大しています。

このようなことから、府内でも山地災害が発生しており、今後も発生が懸念されます。

CIMG3790 CIMG3792

山地災害に備えましょう!

山地災害から身を守るため、山地災害の8つの危険信号【①川がにごった ②川の水位が下がった ③山の斜面の亀裂が走った ④山の斜面の石が落ちてきた ⑤わき水が止まった ⑥わき水が急に増えた ⑦井戸水がにごった ⑧地鳴りがする】を見逃さず、危険信号をキャッチしたら、「すぐ避難」「すぐ110番か119番に通報」「あぶない場所に近づかない」を守ってください。

大阪府では森林を守り、府民の安全安心を守るため、森林の整備や治山ダムを整備し、被災地の復旧や被害防止のための工事に取り組んでいます。

下は、治山ダムの写真です。

治山ダム

 

カテゴリ:箕面ビジターセンター

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2015年12月18日 18時間46分22秒