sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

10月18日(日)山とみどりの市民イベントで、フォーラム「人と自然の共生のために・・・箕面の身近な自然を大切にしよう!」を行います。ぜひご参加をお願いします!

10月18日(日)16:30~19:00、みのお市民活動センター(かやの中央/みのおキューズモールWest映画館前)多目的室で、生物多様性のフォーラムを行います。

入場無料・申込不要(ただし、先着60名)です。

最初に、「知ろう・伝えよう おおさかの生物多様性」というテーマで、大阪府立環境農林水産総合研究所の近藤美麻さんから生物多様性全般について、わかりやすく講演をしていただきます。

次は、箕面における生物多様性保全の活動についての報告です。

箕面の森林生態系を劣化させている大きな要因として、増えすぎたニホンジカによる食害があります。森を歩いていると、シカの嫌いなマツカゼソウやイワヒメワラビなどが目立ち、下草植性が貧弱になっています。

「シカによる食害について」というテーマで、同研究所の幸田良介さんからは「おおさかにすむシカの今:分布と被害の現状」の報告、林野庁近畿中国森林管理局箕面森林ふれあい推進センターの瀧岡忠雄さんからは「頭数管理と行動調査」の報告をさせていただきます。

また、「箕面のホタルの保全について」生きもの会議、箕面ホタルを守る会の石田達郎さんからの報告をしていただきます。

休憩をはさんで、明治の森箕面自然休養林管理運営協議会の事務局を担当しているNPO法人みのお山麓保全委員会の高島から、「シカによる食害に対する活動」と「箕面の生物多様性保全の活動」に対する活動の報告をさせていただきます。

講演や報告が終わった後で、ご参加いただいた方からの質問シートに基づいて、講師や関係者の方からの応答をさせていただきます。

生物多様性という言葉は、難しく感じるのですが、できるだけ分かりやすくお伝えできたらと思っていますので、お気軽にご参加をいただきますようお願いいたします。

【追記】

フォーラム終了後、別室で20:30ごろまで、軽食をとりながら交流会を行います。参加費は1,000円です。フォーラムでは発言できなかったこともあると思いますのでご参加をお願いします。最初の受付表で、ご参加の確認をさせていただきます。

img006