sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

箕面ビジターセンターで「川の中の生き物を探そう!」の観察会を行いました。次回は、8月22日(土)です。

夏休みの本格シーズンに入り、8月のビシターセンターの恒例行事は「川の中の生き物観察会」です。連日連夜の猛暑から逃れて、森の中でひと時の涼を求め、そしてこの季節ならではの箕面川の生き物観察に家族で21名の方がお集まりいただきました。

12時30分、もみじ広場に集合、参加者それぞれがお名前を確認し、先ず“川の中の生き物はどんな所にいる?”をフリップで説明、次に“水生昆虫など生き物の採り方”について説明があり、いよいよ開始です。

川の中で採取様子

それぞれ採集用の金網のザル、採ったものを入れる採集容器を手に川の中に入りました。

川の中採取様子 (2)

水温は19度、水量も多くなく絶好のコンディションです。石を起こして底に付いている虫を探す子供、石の下流側にザルを当て、流れて来た虫を狙う子供などいろいろです。

川の中採取様子 (3)

川の中採取様子

 

最初採れなかった子供にも手取り教え、みんな自分で採れるようになりました。約45分の川の中での採集の後、それぞれの収穫を持ち寄りました。

仕分け分類作業 (3)

黒いミミズのようなトビケラ、カゲロウの仲間は尾3本、カワゲラの仲間は尾2本など代表的な水生昆虫について基本説明があり、皆で同じ物をトレイに集め、仕分け・分類を行い観察、個体数も数えました。

仕分け分類作業 (2)

 

仕分け分類作業

またサワガニについては、“オス・メスどっち?”を皆で分類してもらいました。

あっという間に2時間が経ち、最後に“川に入る時の注意点”をお話し、これからの夏休みを元気で楽しく過ごされることを願いつつ、終了としました。

さながら“親子で楽しむ自由研究”のような一日でした。

なお、本日の採集した生き物は、サワガニ 17匹、トビケラ 55、カワゲラ 6、マダラカゲロウ 7、モンカゲロウ 5、ヨコエビ 30、カワニナ 1、タニシ 1、ヒル 1  ただ、先月の大雨により落ち葉とともに流されたためか、ヤゴの仲間が見つからなかったのが少し残念でしたが、「きれいな水の指標生物」が多いとの判断に至りました。

カワゲラ

カワゲラ

モンカゲロウ

モンカゲロウ

次回の「川の中の生き物を探そう!」の観察会

日時:8月22日(土)12時30分~15時ごろ※雨天中止

集合:箕面ビジターセンター案内所前

申込:当日受付、先着15名(予定)

参加費:100円、子ども無料

カテゴリ:イベント情報,箕面ビジターセンター,自然学習・山麓学習,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2015年08月10日 18時間40分59秒