sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

箕面の山に春の使者が・・・。全てが若返り、清々しく明るく美しい季節です。二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつ、今年の清明(せいめい)は4月5日です。

3月末、最高気温が15℃になり、阪急箕面駅から望む山麓の斜面に、エドヒガン(桜)がアチコチ咲いているのが観察できるようになりました。遅れてヤマザクラも咲くでしょう。

毎年、駅前で子育てをするイソヒヨドリも見かけるようになりました。ツバメも子育てをしています。

虫たちも躍動しています。山麓部の里山では、モンシロチョウが飛び交っています。

明治の森箕面国定公園では、成虫で越冬したテングチョウやルリタテハ(タテハチョウ科)を、日当たりの良いハイキング道などで見かけることができます。

下の写真は、3/21箕面ビジターセンター自然観察ツアーにて(写真:西岡稔)

ルリタテハ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テングチョウ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ルリタテハやテングチョウは、成虫で冬を越します。成虫で冬を越す蝶の姿は、あまり想像できませんが、枯れ草や木の洞などで冬を過ごすようです。羽の表は、どちらも鮮やかな色ですが、羽を閉じると見事な保護色です。

下の写真は、テングチョウが羽を閉じたものですが、枯れ草や木にとけこんでしまって、見つけることはできませんね。(写真/箕面公園昆虫館)

98tenguchou2[1]

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつ、春分から数えて15日、今年の清明(せいめい)は4月5日。万物が若返り、清々しく明るく美しい季節です。この時季は、雨が多く、暖かくなった後に小雨が降り続いて寒くなったりもします。

カテゴリ:イベント情報,箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2015年03月31日 19時間08分57秒