sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

箕面の里山にも、春の気配が・・・

3月、まだまだ寒い日が続きますが、10日(日)午前10時の気温は10℃、日差しがあたると、とても暖かく感じます。

何気なく、足もとにも目をこらしてみると、箕面の里山にも、春の気配が感じられる季節になってきたことを感じます。

日があたった畑で、今年はじめてのオオイヌノフグリが咲いていました。

別名は瑠璃唐草、天人唐草、星の瞳ともいうそうです。

フグリなんて、誰がつけたのでしょうか?

星の瞳がピッタリのかわいい花です。

その近くに、ナナホシテントウが暖かな日差しを受けて、ちょこちょこと動いていました。

テントウ・オオイヌノフグリ

このナナホシテントウは、成虫で冬を越します。

その横には、サンシュユの黄色い花が咲きはじめて、枝先にはオオカマキリの卵のうがありました。オオカマキリは、卵で越冬します。固体化した泡状の卵のうが卵を冬の寒さから守ります。

サンシュユ。オオカマキリ

ヒメオドリコソウも咲きはじめました。

ヒメオドリコソウ

二十四節気のひとつ、雨水から数えて15日、今年の啓蟄は3月6日でした。啓蟄とは土の中で冬ごもりをしている虫が、大地が暖まり、春の訪れを感じて穴から出てくるという意味だそうです。

啓蟄から15日目、春分は3月21日です。

 

カテゴリ:箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2015年03月08日 14時間57分08秒