sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

11月19日(木)箕面ビジターセンターでの「自然研究路の樹木観察と名札付け」の観察会、紅葉を愛でながら楽しく行いました。

曇り空でしたが、おだやかな天気の中、参加者12名(8名の女性・4名男性)、スタッフ2名、計14名が箕面ビジターセンター案内所前に集まりました。

この日のテーマは「自然研究路の樹木観察と名札付け」、箕面ビジターセンター自然解説員の中瀬重幸さんがリーダーで、東海自然歩道から自然研究路4号線を約2時間かけて歩きました。

最初に少し自己紹介をした後に、軽くストレッチをしてスタートです。

最初の挨拶

案内所前から30秒、早速「ヒイラギ」の木と小さくかわいい花を見つけました。ヒイラギは「柊」、木へんに冬、冬に花をつけます

柊の花

かわいい柊の花

*「椿」(つばき)、「榎」(えのき)、木へんに秋は???「楸」(きささげ)だそうです。

東海自然歩道西の起点から、最初は少し急な坂道をゆっくりと登ります。

東海自然歩道西の起点

少し登ったところでは「ムラサキシキブ」の木、府道をまたぐ「ぎふちょう橋」では、「イロハカエデ」を観察して、最初の名札付けをしました。

ムラサキシキブの観察

イロハモミジの観察

イロバモミジの名札付け

ヒノキの観察

里山の代表、「コナラ」に「クリ」。葉っぱの横線で見分けます。16本以上多いのが「クリ」、16本より少ないのが「コナラ」だそうです。「クリ」の木にも名札を付けます。

それ以外に名札を付けたのは「ソヨゴ」「ヤマザクラ」「コバノガマズミ」「モチツツジ」です。

クリの名札

ソヨゴの名札

ヤマザクラの名札

見上げると空に黄色く透けて美しい「コシアブラ」の木。

コシアブラの観察

5つの小葉は「コシアブラ」ですが、同じ科でも3つの小葉だと「タカノツメ」(唐辛子ではありませんよ)。これらは、ひとつの葉っぱです。それが証拠に、落ちるときは一緒です。

タカノツメ

この日、観察した種は20種。①ヒイラギ、②ムラサキシキブ、③コナラ、④クリ、⑤ウラジロノキ、⑥ヤマウルシ、⑦ヒノキ、⑧コシアブラ、⑨タカノツメ、⑩ソヨゴ、⑪クロモジ、⑫ヤマザクラ、⑬カマツカ(鎌の柄に使ったそうで、かなり曲げても折れません)、⑭カスミザクラ、⑮サルトリイバラ(山帰来)、⑯コバノガマズミ、⑰ネズミモチ(青リンゴの香り)、⑱ツバキ、⑲モチツツジ、⑳ノダフジでした。エナガやシロハラなどの野鳥の声も聞こえていました。

観察風景0

観察風景1

観察風景2

3時過ぎにビジターセンターの案内所前に帰って、感想をお聞きしました。皆さん、ムラサキシキブとかクリとコナラに違いとか、各々の興味を持った樹木に愛着を持って、名前も覚えられたようで、とても楽しい観察会でした。ご参加していただきありがとうございました。

*お顔が写っている写真もありますが、ブログ掲載のご了承をいただいています。

下の写真は、箕面ビジターセンター周辺の紅葉です。

VC事務所前

園地の紅葉1 園地の紅葉2

駐車場

下は、箕面大滝周辺の渓谷の紅葉です。

渓谷の紅葉

箕面大滝斜面の紅葉1 箕面大滝上の紅葉

箕面の紅葉は今が盛りです。自然を感じながら箕面の山をゆっくり歩いてみませんか!気持ちがいいですよ♪

 

カテゴリ:イベント情報,箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2014年11月19日 19時間43分37秒