sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

才ヶ原池の近くで、極めて毒性が強いキノコ「カエンタケ」が発見されました。触ると危険です。触らないように注意をしてください!

9月6日(土)才ヶ原池の近くで「カエンタケ」を発見したと、NPO山麓委員会に通報をいただきました。

9月8日(月)NPO山麓委員会事務局は確認のために現地に行き写真を撮りました。下の写真です。

CIMG2697

CIMG2696

CIMG2699

採取した一部のキノコの断面を切ったところ、内部は白色でした。

CIMG2711

「カエンタケ」にまちがいないと思われます。(幼菌)

注意喚起のポスター(下記)を周辺に貼り付けました。

CIMG2703

キノコ(子実体)を採集しても、本体は菌糸体なので、直に生えてきます。

カエンタケは最強の猛毒キノコといわれています。見つけても絶対に触らないでください。

「カエンタケ」は、コナラなどブナ科の樹木が枯れると、1年後位にその根の近くから生えてくるそうです。滋賀県や京都府では、「ナラ枯れ」被害にあった枯死木で多くが発生していますが、才ヶ原池近くの「カエンタケ」も「ナラ枯れ」被害で枯死した木の根株で発生していました。

箕面でも「ナラ枯れ」被害は多く発生しており、今後もいろいろなところで「カエンタケ」が発生する可能性があります。

見つけても触らないように注意してください。

 

カテゴリ:森の安心安全情報,箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2014年09月08日 14時間25分45秒