sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

府道・林道などの被害状況 (8/26)。箕面公園や周辺の府道が通行止めになっています。山に入られる方は、安全管理に十分注意をしてください。

24日午後からの大雨の影響で、各所に崩落や倒木が発生しています。

下記は、森林巡視員の竹田光廣さんの8月26日の写真と報告です。

*現地は危険ですから近寄らないようにしてください。

1、府道43号・・・ 浄水場上、現在「墓地造成地」付近で、土砂崩落により通行不可

*現在、浄水場前から大滝方面に向かう府道は通行止めになっています。

斜面が崩落して、土砂と流木が府道を覆っています。(聖天展望台から府道南方)

8.26.1

8.26.2

2、地獄谷―府道の間・・・地獄谷(府道下斜面)崩落のため、通行止め

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3、こもれびの森/地獄谷 谷筋コース

8.26.3

8.26.4

4、才ヶ原林道(風の杜北の府道と交差する橋から約10mの左岸)

ガードレールの足が出ています。下の斜面は崩落しています。

8.26.5

8.26.6

その他、地盤の緩みによる「倒木」や「斜面の崩落」などの被害が発生しています。

ハイキングや行楽、トレランなどで、箕面国定公園など山間・山麓部に入られる方は、日ごろから気象情報に注意をするとともに、事前に状況をしらべるなど、安全管理に十分注意をしていただくようお願いします。

(追記)

森林が本来持つ多面的機能のひとつに「水源涵養機能」や「土砂災害防止/土壌保全機能」がありますが、崩落した斜面は「下層植生」が貧弱化しており「土壌保全の機能」が低下していると思われます。その原因のひとつとして「増えすぎたシカによる食害」もあると考えられます。

山麓保全活動は、森林が持つ多面的機能を最大限発揮することを目標としています。(事務局)

カテゴリ:森の安心安全情報,箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2014年08月27日 10時間53分46秒