sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

箕面ビジターセンターでキノコの観察会を行いました。次回は9月28日(日)です。さまざまな色や形のキノコを楽しく観察しましょう!

7月27日(日)箕面ビジターセンターで「箕面のキノコを探そう」の観察会を行いました。参加者は、スタッフを含めて21名でした。

開始時間の12時半から、かなり激しい雨が降り、小止みになった1時すぎから観察会をはじめました。

阪神キノコ研究会の講師2名がリーダーになって、箕面ビジターセンター近くの自然研究路をゆっくり歩きながら、キノコを探しました。

野外で採集

採集2

あっという間に時間が過ぎ、14時に講義室に戻って、採集したキノコの同定(観察)会をしました。

同定の様子

観察

観察会の前は乾燥した天気が続いていましたが、それでもたくさんのキノコを観察することができました。

下の写真はタマゴタケです。(テングタケ科)

タカゴタケ0

タマゴタケ

根元には大きな白いつぼがあります。

柄は黄色がかっており、よく見るとつばもあります。

とても美しくかわいいですね。

タマゴタケ01

その他に、たくさんのキノコを観察しました。

その一部を紹介します。

アイタケです。(ベニタケ科)

アイタケ

きれいな線状のヒダです。

アイタケ1

コテングタケモドキ(テングタケ科)

これは毒だそうです。

コテングタケモドキ

ホソツクシタケ。

ホオキノの実についています。珍しいキノコです。

ホソツクシタケ

アカイボカサタケ(イッポンシメジ科)

これもかわいいですね。

アカイボカサタケ

ウスヒラタケ(ヒラタケ科)

枯れた樹木に、たくさんついていました。

ウスヒラタケ

キノコは色も形のさまざまで、見ているとあきないですね。

CIMG2638 (2)

キノコの各部の様子や毒キノコなどについて、解説をしていただきました。

説明

次回、「箕面のキノコを探そう」の観察会は、9月28日(日)12時30分からです。箕面ビジターセンターにお集まりください。

ビジターセンターの展示室では「箕面のきのこのいろいろ」の写真展示を行っています。

夏でも涼しい箕面ビジターセンターにお立ち寄りください。

 

 

 

 

カテゴリ:箕面ビジターセンター

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2014年07月31日 11時間39分01秒