sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

4月12日「箕面のサクラを訪ねて」箕面ビジターセンターの自然解説員と歩きました!

4月12日(土)、阪急箕面駅前に集合して、中の坂⇒西江寺⇒聖天展望台⇒風の杜⇒才ケ原林道⇒才ケ原池⇒才ケ原林道⇒ばばたれ坂⇒箕面ビジターセンター(食事休憩)⇒野草園観察⇒才ケ原林道⇒雲鱗展望台⇒箕面大滝のコースで、箕面の山に自生するサクラや植物、野鳥観察などを行いました。

西江寺上の広場でストレッチ。コバノミツバツツジがきれいに咲いています。

ストレッチ体操

聖天展望台のカスミザクラは蕾、4月下旬には咲くでしょう。

カスミザクラを見上げる

手前はヤマザクラです。花と葉が同時です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

才ヶ原池のオオバン

才ヶ原池のオオバン

観察できた桜は、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、カスミザクラ(硬い蕾)、ヤマザクラ,エドヒガン、ウワミズザクラ(大きく膨らんだ蕾)、イヌザクラ(硬い蕾)の7種類でした。その他、クロモジ、ダンコウバイ、コバノミツバツツジの花、クロバイ(蕾)、ニワトコの花、ゴマギ(蕾)、ウリカエデの花の他、カタクリ、トキワイカリソウ、キクザキイチゲ、バイモ、キランソウ、スミレの色々、ハクサンハタザオなどを観察しました。

箕面ビジターセンター野草園のトキワイカリソウ、カタクリ。

トキワイカリソウ

野草園のカタクリ

*カタクリは、もうそろそろ終わりです。

観察できた野鳥は、メジロ、ヒヨドリ、ツバメ、シジュウカラ、シロハラ、コゲラ、ハシブトガラス、キセキレイ、マガモのペアー、オオバン。声の聞けた野鳥は、ウグイス、センダイムシクイ、ヤマガラ、アオゲラ(ドラミングと鳴き声)でした。

箕面ビジターセンター野草園のコゲラ

野草園のコゲラ

箕面川のマガモ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シロハラ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

箕面ビジターセンター近くでは、野鳥カメラマンが、30人ほどキビタキ、オオルリを撮影していました。夏鳥と冬鳥が同時に見られる、またとない良い時期に、このような観察会ができ、参加者の皆さまも大いに楽しまれていました。

記念撮影

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次回、5月10日(土)、箕面駅に集合して才ヶ原林道を歩き、箕面ビジターセンターまで「箕面新緑ハイキング」を行います。

問い合わせ:NPO法人みのお山麓保全委員会事務局(Eメール、又は携帯090-1133-3615/高島)

カテゴリ:イベント情報,箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2014年04月14日 10時間53分19秒