sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

明治の森箕面国定公園の「野生動物モニタリングカメラの見回り」にご参加ください♪

明治の森箕面国定公園の野生動物の調査を行う目的で、5月より定点カメラを設置しています。毎月、カメラの見回りと自然観察を行っていますので、ご参加ください!

日時:11月24日(日)10時~(終了予定時刻13時)

集合場所:エキスポ90みのお記念の森の駐車場に10時集合

*詳細はNPO法人みのお山麓保全委員会事務局にお問い合わせください。(携帯:090-1133-3615)

箕面駅から相乗りできますので、車がない方はご連絡ください。

【10月のカメラの見回りの様子・・・】

10月20日、雨が降る中、カメラの見回りを行いました。

カメラは防水仕様なので、雨の中でも設置したままで問題ないのですが、カメラのSDカードの出し入れをするところは、防水でないので、雨の日のカメラの点検は濡れないように少し気を使います。

いつもは定点カメラから取り出したSDカードをデジカメに入れて、撮影された写真を確認するのですが、雨の日は帰ってからのお楽しみです。

カメラの見回り中には、いろんな生き物に出会います。

この日も、サルの大きな群れが移動していました。中には色素が欠損した白いアルビノ個体もいました。カメラの見回りが完了するころには、雨も弱まっていました。

アルビノ猿1 (800x599)

アルビノ猿2

帰ってきたからSDカードの中の写真をチックすると、EXPOの森に設置してあるカメラにサルの親子が撮影されていました(写真1枚目 ※実際は9月30日撮影)。4か月前にもこの場所で親子が撮影されています(写真2枚目)。おそらく同じ個体です。子ザルは順調に成長しているみたいですね。

9.15猿親子

5.31猿親子

NPO法人みのお山麓保全委員会 生きもの会議(近藤万理)

(追記)

 上の写真の白いサルは、箕面市の職員の方によると、「モモズキ’87」とい う、中心集団の上位血統のメスザルで、職員の間では「幸せを招く白いサル」と呼ばれているそうです。
 この家系では、以前から白いサルが多く出ています。
 目撃された方は、幸せになるかもしれませんね♪(事務局:高島)

カテゴリ:事務局だより,箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2013年11月14日 10時間44分40秒