sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

箕面ビジターセンターでキノコの観察会を行いました。

9月29日(日)12時半から、箕面ビジターセンターで「箕面のキノコを調べよう」の観察会を行いました。一般参加者は、37名(子ども2名)でした。

講義室に集合し、挨拶とスケジュール案内の後、自然研究路4号線と3号線の2コースに分かれて(阪神キノコ研究会の2名の講師がリーダー)、キノコの採集に出かけました。

約1時間半、キノコの採集や自然観察など行いました。

4号線2

4号線3

あっという間に時間が過ぎ、14時に講義室に戻って、採集したキノコの同定会をしました。

同定会1

台風14号以降、乾燥した天気が続いたために、見つかったキノコの種類は多くなかったです。

同定できたキノコは、エゴノキタケ、コツブタケ、クチベニタケ、ヒイロタケ、カワラタケ、カンゾウタケ、ウスタケ、クロハツ、ダイダイイグチ、テングタケ科、カラカサタケ、カキシメジ、カバイロツルタケ、カワリハツ、スッポンタケ、ハナビラニカワタケ、タマゴタケ、センニンタケなどでした。一部ですが下の写真で紹介します。

カラカサタケ

カンゾウタケ

シロオニタケ

スッポンタケ

キノコの各部の様子や毒キノコなどについて、講師のお二人に解説をしていただきました。

説明3

終了後も、参加者からはいろいろと質問が出されていました。

今年のキノコの観察会(2回)は、これで終了しました。

雨の後には多くのキノコが顔を出すことでしょう。箕面の森をゆっくり歩きながら、足もとから森の奥まで眺めてみましょう。

 

 

カテゴリ:イベント情報,箕面ビジターセンター,生き物の多様性保全

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2013年10月08日 20時間29分48秒