sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

野鳥のヒナを拾わないで!親はすぐ

この時期、明治の森箕面国定公園では、多くの野鳥がヒナを育てていますが、落ちているヒナを見かけて、かわいそうと思い、拾ってしまう事があります。

昨日、箕面ビジターセンターに「ヒナを拾った、どうしよう」と持って来た方がいましたが、結局、翌朝には死んでいました。

箕面ビジターセンターでは、野鳥のヒナを見かけても「ヒナを拾わないで!」と呼び掛けています。

【落ちているヒナを見つけたら】

落ちているヒナを見つけたときは拾わないでください!親はすぐ近くて見ています!

◆たとえ親から離れ、ひとりぼっちでいても、決して”迷子”ではありません。

かわいそうだからといって、連れて帰らないでください。

そのままにして、すぐにその場を立ち去りましょう。

餌を取りに行った親をじっと待っていたり、親が遠くから見守る中、飛ぶ練習をしていたところかもしれません。

◆人がヒナを育てることは、とても難しいことです。

ヒナは食欲が旺盛ですので、親鳥が行うように10分に1回程度の給餌が必要です。
(スズメがヒナのためにエサを運ぶ回数は、巣立つまでの約2週間でなんと4000回!)

またヒナは、巣立った後のわずかな期間で、親鳥から自然の中で生きていくためのいろいろなことを学びます。親鳥に育てられることがヒナにとって一番の幸せです。

上記は、大阪府のホームページから引用しています。

また、日本野鳥の会のホームページもご参照ください。
野鳥のヒナを拾わないで!親はすぐ近くて見ています!

*箕面ビジターセンターは火曜日が定休日です。

 

カテゴリ:箕面ビジターセンター

タグ:

投稿者:shitanishi

投稿日:2012年06月25日 11時間41分05秒