sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

生き物の多様性保全

新着情報 記事一覧

2018年01月05日

1月13日(土)~15日(日)、箕面ナチュラリストクラブ30周年記念行事「箕面の山と生きもの展~自然へのときめき・発見~」が行われます。ぜひ、ご参加ください!

箕面ナチュラリストクラブは長く活動を継続してきた団体であり、設立30周年になります。また明治の森箕面国定公園指定50周年になることから、豊かな自然、箕面に生息する動植物などの写真や絵画、関連資料の展示会や講演会を行います。ぜひご参加ください! 身近な、すばらしい箕面の自然を感じ取って、守り育てていきましょう! ○写真などの展示会 1月13日(土)午後0時~午後6時 1月14日(日)・15日(月)午…続きを読む

2017年12月27日

1月13日(土)能勢町でフォーラム「大都市近郊で街と里のつながりを考える」~さまざまな知恵と力で里山の資源を輝かせるために~が行われます。

大阪府の最北部の能勢町は、大都市・大阪にありながら、日本の原風景である里山が広がり、豊かな生物多様性を育んでいます。しかしながら、能勢町の里山も人の暮らしとの関わりが薄れる中で、放置されたままの森林も多く見られるようになってきています。能勢町の里山が育む生物多様性資源は、農林産物の提供のみならず、訪れる人々に、やすらぎや憩いの景観・場の提供など、多面的な機能を有しています。里山との関わり方や活かし…続きを読む

2017年12月14日

12月10日(日)みのお 山とみどりのフェスティバル「生物多様性研究フォーラム」を行いました。今まで分からなかったことも明らかになりました。

人と自然の共生のために・・・箕面の身近な自然を大切にしよう! ~身近な自然から生物多様性の保全へ未来のために私たちにできること~ 生物多様性研究フォーラムを箕面文化・交流センター8階の大会議室で行いました。 午前中の明治の森箕面国定公園指定50周年記念フォーラムに引き続き、80名と多くの方にご来場をいただきありがとうございました。 箕面市みどりまちづくり部・公園緑地室室長西山 央さんに、開会挨拶を…続きを読む

2017年12月06日

12月10日(日)10時から「明治の森箕面国定公園指定50周年記念フォーラム」、13時30分から「生物多様性研究フォーラム」を行います。ぜひ、ご参加をお願いします。

みのお山とみどりのフェスティバル 生物多様性研究フォーラム 「人と自然の共生のために・・・箕面の身近な自然を大切にしよう!」 13:30~16:30 箕面文化・交流センター(箕面駅前)8階会議室 入場無料 ○特別講演 「虫の目からみた生物多様性」 箕面公園昆虫館 館長 中峰 空 氏 ○箕面での生き物調査の報告 「箕面川のオオサンショウウオ」兵庫県自然保護協会 大沼 弘一 氏 「才ヶ原池の外来魚」 …続きを読む

2017年11月05日

公益信託みのお山麓保全ファンドで活動助成をしている角谷正朝さんの「マミズクラゲ」の調査・研究活動の様子が毎日新聞に掲載されました。12月10日に行う生物多様性フォーラムでも活動報告がされます。

公益信託みのお山麓保全ファンドは、箕面の山麓保全活動に係わる団体や市民の活動を助成しています。(毎年2月・8月)2017年度は、20件の団体に活動助成を行っており、新規の活動は3件です。そのうちの一つが「箕面市内の溜池に生息するマミズクラゲの生態学的、発生学的研究」です。(申請者:角谷正朝さん、助成金額250,000円) この春から、才ヶ原池を中心に、精力的に調査・研究活動を行っていますが、今回、…続きを読む