sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

エキスポの森/花の谷で特定外来生物ウシガエルの駆除を行いました

花の谷には、注目される保護すべき種として、トノサマガエル(環境省・大阪府準絶滅危惧種)やシュレーゲルアオガエル(大阪府準絶滅危惧種)の生息が確認されています。

一方で、特定外来生物・総合対策外来種であるウシガエルも多く生息しています。

※ウシガエルは、口に入る大きさであれば、ほとんどの動物が餌となり、幅広い小動物を捕食します。

環境省のホームページ

このまま、放置しておくと、花の谷の生き物に大きなダメージを与える可能性が強く、明治の森箕面自然休養林管理運営協議会では、生物多様性の保全のために、特定外来生物であるウシガエルの駆除を行うことにしました。

第1回目として、5月16日(水)午前10時~12時に、林野庁職員5名と市民団体7名、12名が参加して、ウシガエルのおたまじゃくし66匹と成体(子供)5匹を捕獲・駆除をしました。

捕獲したウシガエルのおたまじゃくし

捕獲したウシガエルの成体(子供)

第2回目は、林野庁職員に大阪府職員も加えて、市民団体も協働で、6月1日(金)の午前10時から、ウシガエルの駆除を行う予定です。

一度や二度では駆除はできませんが、今後、粘り強く、活動を行っていく予定です。

 

カテゴリ:生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:,

投稿者:sanroku

投稿日:2018年05月18日 12時間18分37秒