sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

11月3日(祝)みのお 山とみどりのフェスティバル「生物多様性研究フォーラム」を行います!

2016年11月3日(祝)13時~15時30分  生物多様性研究フォーラム

人と自然の共生のために・・・箕面の身近な自然を大切にしよう!

~身近な自然から生物多様性の保全へ 未来のために私たちにできること~

場所:箕面文化・交流センター地下1階多目的室

※阪急箕面駅前 みのおサンプラザ地下1階

入場無料・申込不要(先着60名)

終了後の交流会は、要申込/参加費1,000円 ※NPO山麓委員会事務局まで

第1部・・・生物多様性の恵みを理解する

まちで生活していると、生物多様性の恩恵を受けていることを忘れがちですが、食べ物、きれいな空気や水、安全な暮らしは生き物たちの営みが与えてくれるものです。

①「食べる」ことと生物多様性のつながり

大阪青山大学子ども教育学科准教授 古田 豊子

②箕面の都市農業における地産地消

箕面市農業経営者連絡協議会 乾 真弥

③みのお山麓と土砂災害の備え

大阪府砂防ボランティア協会 上畑 憲光

第2部・・・生態系の保全と再生のための活動

将来にわたって自然の恵みを享受するには、今、私たちが生物多様性の保全と持続可能な利用を進めることが不可欠です。ここでは、生物多様性の保全の活動の一部を紹介します。

①才ヶ原池ブルーギルの食性調査

大阪府園芸高等学校 ビオトープ部

②増えすぎたシカの実態/モニタリング調査

大阪府立環境農林水産研究所 幸田 良介

③有害鳥獣捕獲の現場から

大阪府猟友会箕面支部長 平山 竹一

161103%e5%b1%b1%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%a0all_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1-724x1024

161103%e5%b1%b1%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%a0%e8%a3%8f

 

カテゴリ:生き物の多様性保全,明治の森箕面自然休養林管理協議会,シカによる食害防止

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2016年10月17日 19時間57分42秒