sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

未来につなぐ森づくり

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

箕面国有林(箕面大滝上/大日駐車場北斜面)における台風被害木の整理(ヘリコプター作業)は無事、終了しました。今後、災害に強い森づくりをめざして自然植生の回復が求められています。

昨年9月の台風21号の暴風により、明治の森箕面国定公園内でも風倒木が発生しましたが、先週と今週にかけて、林野庁近畿中国森林管理局京都大阪森林管理事務所により、大日駐車場北斜面の風倒木の整理及びヘリコプターによる搬出作業が行われました。

一部、府道43号線豊中亀岡線の通行規制、及び箕面大滝の上の大日駐車場の使用中止などでご迷惑をお掛けしましたが、ご協力、ありがとうございました。

※ヘリコプターにより搬出された材は、ようらく台園地周辺の土場に集積されて、ペレットなどに有効活用される予定です。

※この後、3月25日(月)に林内で、若干の整理作業が行われますが、通行止めなどは発生しません。

ヘリコプターによる搬出作業

これで、大日駐車場北斜面の倒木撤去作業が完了しましたが、来期(平成31年度)の事業としては、斜面の土留め工が必要になると思いますが、まだ事業化は確定していないようです。

大日駐車場周辺は、明治の森箕面国定公園の中心地であり、多くの観光客にも親しまれており、以前に崩れた斜面とあわせて施工することにより、美しい自然植生の復活が求められています。

来期に土留め工を設置していただき、斜面の浸食防止機能が向上された後、明治の森箕面自然休養林管理運営協議会として、行政だけでなく、市民も一定の役割分担を行い、「協働の」の取り組みの中で、平成32年度からを目途に、適地適木による「植樹」などにより自然植生の回復をめざしていきたいと考えています。

増えすぎたシカによる幼苗の食害が予想されますが、シカ害対策も行いないながら、災害に強い森づくりを進めて行きたいと考えています。(協議会事務局/高島)

 

下は先週の現地の写真です。

 

下の写真は被災直後後の写真です。

カテゴリ:森の安心安全情報,明治の森箕面自然休養林管理協議会,箕面の山 災害復興情報

タグ:,

投稿者:sanroku

投稿日:2019年02月22日 18時間40分56秒