sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

箕面公園の昆虫館は平常通り開館しています。瀧安寺まで紅葉を楽しむことができます。※11月9日現在

11月9日、いい天気です。一の橋から瀧安寺まで歩くと、箕面公園は多くの観光客でにぎわっていました。

一の橋のカエデはまだ色づいていません。

桃太郎の前の箕面川

梅屋敷をすぎて少し歩くと「時雨」です。この当りは、かなり紅葉がきれいです。

箕面公園の昆虫館は、平常通り開館しています。火曜日は休館日ですが、11月21日(火)28日(火)は開館の予定です。

昆虫館の北の鳥居のカエデの大木は紅葉しています。

瀧安寺には多くの観光客が秋の風情を楽しんでいます。

瑞雲橋(赤い橋)の周りのカエデは紅葉しています。

本堂である弁天堂の階段前は、まだ紅葉していません、これからです。

大護摩を行う場所に奥には、役行者の像があります。役行者の前には、前鬼と後鬼の夫婦の従者がいます。角が生えているのが奥様の方でしょうか・・・?

階段を上がると本堂の弁天堂です。このあたりの紅葉はこれからです。来週は冷え込むようなので、来週末から期待できるでしょう。

現在、滝道までの通行は瀧安寺までですが、この週末には、修業の古場まで通行ができるようになるでしょう。

修業の古場から戻岩橋までの通行はしばらく無理なようです。特に石子詰では、滝道の斜面が約50m崩落しており、滝道もひび割れがあるようです。多くの行楽客が通行するには危険です。

仮に、滝道から箕面大滝や箕面ビジターセンター方面にハイキングする場合は、瀧安寺のトイレの前/川床の横の橋(紅葉橋)から化石谷を登り、望海展望台経由で府道、才ヶ原林道方面に歩くことは出来ます。

 

※府道は、車の通行が多いので危険です。

※11月11日から、府道/風の杜~大日駐車場~ビジターセンターに向かって一方通行の予定です。同時に林道才ヶ原線も南向き一方通行となる予定です。

※地獄谷、風呂ヶ谷は通行止めです。

※雲隣展望台から杉の茶屋までは通行が可能なようですが、もともと急峻で細い道なので、もし歩く時は、十分な注意が必要です。

ドライブウェイは開通していますので、箕面大滝に行くには、大日駐車場に駐車して、谷を降りてください。ただ、駐車場は混雑している可能性が大きいです。

(事務局/高島)

カテゴリ:森の安心安全情報,事務局だより,紅葉情報

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2017年11月09日 14時間43分11秒