sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

野山に出かけるときはマダニに注意しましょう!

 

これから暖かくなる春から秋にかけて、野山に出かけるときはマダニに注意しましょう!

マダニにかまれたからといって、必ず病気にかかるわけではありませんが、感染症を予防するには、マダニにかまれないようにする事が重要です。マダニが生息しそうな場所に出かけるときは、次のことに注意しましょう。

【マダニにかまれないために】

①できるだけ肌の露出は避けましょう。

② 衣服は、長袖、長ズボン、絞り口付き長靴などを着用して、えり首、そで口、すそからダニが入り込まないように、そでやすそのしまりのよいものを着用しましょう。

*レインウェアのようななめらかな生地にはマダニがつきにくく、白っぽい服装のほうがとりついたマダニを発見しやすくなります。

2、活動中や活動後などにおける対策について

① 休憩・休息時間などに、自分の衣服をたたいてダニを落としましょう。

② 直接、地面に座ったり寝転んだりしないで、敷物を使用しましょう。衣服も地面に直接置かないようにしましょう。

③ 必要に応じて、ダニ忌避剤(虫よけスプレー)を携行して使用しましょう。

④ 活動が終わったら、ダニが付いていないかお互いの服装(頭、耳の中や後、首の周りを含む)を点検しましょう。

⑤ 帰宅後は、必ず入浴して、ダニが身体についていないかよく点検しましょう。

(頭、耳の中や後、首の周り、わきの下、そけい部、大腿部内側、膝の後ろなど)

⑥野生動物などには、直接触れないようにしましょう。

もし、マダニがついていた場合は、医療機関(皮膚科など)で取ってもらうと良いでしょう。また、山林や草地に立ち入って、1~2週間してから発熱などの症状が出た場合は、医療機関を受診しましょう。

上記は、森林内などで活動される際の参考資料です。詳細は、大阪府の感染症情報センターのホームページなどで、ご確認をお願いします。

 

カテゴリ:森の安心安全情報,事務局だより

タグ:,

投稿者:sanroku

投稿日:2013年03月04日 18時間29分53秒