sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

みのおビジターセンターで、川の中の生きもの観察会を開催しました

夏休み最後の日曜日、今年3回目で最後の「川の中の生き物観察会」を行いました。青空に太陽が照りつける暑い日にもかかわらず、川は周りの木々が日差しを遮って水温も20°と絶好の観察会になりました。大人14人子供12人の参加がありました。

最初に、どんな生き物がどんな所に棲んでいて、どんなにして捕るのか等の話を聞きました。その後で採集道具を持って、川に入ります。すると、すぐにサワガニを捕まえた人の声が聞こえ、皆にもやる気モードにスイッチが入りました。服をずぶぬれにして魚を追いかける子、丁寧に石を持ち上げヤゴを探す子などいろいろなスタイルで探しまわっていました。

1時間ほどで川から上がり、採集した生き物たちを保冷剤で冷やした水を使いながら、種類ごとにバットに分けました。子どもたちも、絵を見ながら、自分が捕った生きものたちを分けていきます。

最後に数を数えると、カワゲラの仲間が3匹、サワガニが11匹、トビケラの仲間が18匹、ヒラタカゲロウが1匹、カゲロウの仲間が28匹、ヨコエビの仲間が54匹、ヒルの仲間が1匹、サナエトンボの仲間が4匹、コヤマトンボが1匹、カワムツが6匹、カワヨシノボリが2匹という結果になりました。たくさん捕れたサワガニやトビケラ、カゲロウやヨコエビなどは、河川の上流部の、有機物が少なくて澄んだきれいな水に生息している水生生物です。棲んでいる生き物を指標にして、川の水のきれい度を調べる方法がありますが、ビジターセンター横の箕面川は「きれいな水」と判定することができました。最後に、今後自分たちで川に入る時に気をつけることを共有し、採取した生き物を川に放して終わりました。

9月に入って、ビジターセンターも涼しくなり、初秋の花が咲き始めました。毎回、人気の川の中の生きもの観察は最終回でしたが、箕面ビジターセンターでは秋も家族で自然と触れ合えるイベントを企画しています!ぜひご参加ください!

 

「小さい秋みぃつけた 秋の気配を感じよう!」
日 時 : 9月17日(日)12時30分~15時ごろ
※雨天決行(警報発表の時は中止)
集 合 :箕面ビジターセンター案内所前
申込み :当日受付、定員30名
参加費 :100円 小学生以下無料・保護者同伴
お問合せ:箕面ビジターセンター 電話:072-723-0649
NPO山麓委員会 携帯:090-1133-3615
Email: yama-nami@yama-nami.net

 

「箕面のキノコを探そう!」
日 時 : 9月23日(土・祝)12時30分~15時ごろ
※雨天決行(警報発表の時は中止)
集 合 :箕面ビジターセンター案内所前
申込み :当日受付、定員30名
参加費 :100円 小学生以下無料・保護者同伴
お問合せ:箕面ビジターセンター 電話:072-723-0649
NPO山麓委員会 携帯:090-1133-3615
Email: yama-nami@yama-nami.net