sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

府立園芸高校教諭中村和幸さんがバタフライガーデンの活動で「第63回読売教育賞」を受賞!

「読売教育賞」は、教育分野で優れた業績をあげた個人・団体に贈られるものですが、蝶の食草・食樹と蝶の吸蜜植物などを集めた「バタフライガーデン」をつくる活動が評価されたとのことです。

箕面市内でも彩都や昆虫館で「バタフライガーデン」の取り組みがされていますが、NPO山麓委員会の活動にも多くのご協力をいただいています。数年前から、園芸高校の温室で育てた苗木(余った花苗)などを、山とみどりの市民イベントなどの募金活動(公益信託「みのお山麓保全ファンド」)に提供していただいています。

CIMG2537

この5月には、園芸高校で育った「カブトムシの幼虫」を提供していただき、ご家族に募金付きで配布したところ大好評でした。

来年3月には定年退職の予定だそうですが、これからも昆虫を通じて自然好きの子どもたちが増えていくような活動に関わってもらいたいですね。

下の写真は、7月11日に読売新聞に掲載された記事です。

園芸高校

 

カテゴリ:事務局だより,山麓ファンドの募金

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2014年07月13日 17時間50分13秒